サイバートラストなど、S/MIMEによるメール自動暗号化を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバートラストなど、S/MIMEによるメール自動暗号化を提供


掲載日:2009/12/02


News

 サイバートラスト株式会社とデジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社は、メール暗号化サービス「cybertrust sealed mail」の提供を、開始した。

 「cybertrust sealed mail」は、企業や組織から送信されるメールを、暗号化ゲートウェイにより自動的にS/MIME(Secure/Multipurpose Internet Mail Extensions)暗号化することで、機密情報や個人情報を秘匿できるサービス。メールの暗号化に特化し、電子証明書をメールの暗号化/復号に使用する“鍵”と位置付けることで、電子証明書の管理を簡素化し、利便性とコストの課題の解決を図っている。

 メールを暗号化したい企業に貸与されるメール暗号化ゲートウェイ「cybertrust sealed mail ES」と、メール暗号化専用鍵発行管理サービス「cybertrust sealedmail KMS」で構成されている。両者が自動連携することで、送信相手の電子証明書の管理を意識せずにメールを暗号化でき、暗号化されたメールを復号する受信者に対しても、電子証明書と秘密鍵の配付がウィザード形式により簡素化されている。更に、各種S/MIME対応メールソフトウェアの設定や、問い合わせなどメールの復号に関わるサポートをサイバートラストが提供することで、企業/組織のサポートに関わる負担も削減できる。

 発行する電子証明書の枚数に対してではなく、導入企業の従業員数に対するユーザライセンス課金とすることで、企業の投資額を抑えられ、透明化が図れる。これらにより、従来のパスワードによる暗号化やそのためのパスワード管理を不要とし、S/MIMEの優れた安全性と相互接続性を確保したまま、コストを抑制できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 アプリケーションの改修なしに「PCI DSS準拠のデータ保護」を実現する方法とは 【日本オラクル】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 アプリケーションの改修なしに「PCI DSS準拠のデータ保護」を実現する方法とは サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027877


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ