東陽テクニカ、LTE ePC装置向けノード機能試験テスタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東陽テクニカ、LTE ePC装置向けノード機能試験テスタを発売


掲載日:2009/12/02


News

 株式会社東陽テクニカは、携帯網事業者/各装置メーカ/システムインテグレータ向けに、米Polaris Networks Inc.のプロトコル・コンフォーマンス・テスタを、発売した。価格は、システム構成により、500万円〜1500万円となっている。

 今回発売されたのは、LTE(Long Term Evolution:3GPP団体が制定する携帯電話の“第3.9世代”通信方式)ePC(evolved Packet Core:LTE通信サービスの有線コアネットワーク)装置向けの、MME(Mobility Management Entity:LTE ePCノードの主要装置の一つ)プロトコル・コンフォーマンス・テスタ。被試験対象MMEに実装された各種プロトコル/シグナリングが3GPP規格に準拠しているかを試験する。MMEに接続されるPeer deviceとの間のS1-MME/S11/S10/S3などのインターフェースそれぞれに50〜100のTest casesが準備されている。Test Scriptは、TclやTTCN-3などを用いて編集する機能も備えているため、正常系に加え異常系シーケンスを用いての挙動評価もできる。


出荷日・発売日 2009年12月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

ネットワーク障害対応を迅速化、多ポートキャプチャーで複数箇所をキャプチャー 【東陽テクニカ】 NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 ネットワークトラフィック監視・分析・振る舞い検知 Flowmon 【オリゾンシステムズ】 「100Gbpsでもロスなし」、高速ネットワーク対応のパケットキャプチャー 【株式会社東陽テクニカ】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
ネットワーク障害対応を迅速化、多ポートキャプチャーで複数箇所をキャプチャー 中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 ユーザ及びアプリケーション単位でのトラフィック監視・分析、ユーザの通信ログ保持、振る舞い検知など、フローベース分析を低コストですぐに実現できる。 「100Gbpsでもロスなし」、高速ネットワーク対応のパケットキャプチャー

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027876


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ