CSK Win テクノロジ、メール誤送信防止製品を代理削除などに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSK Win テクノロジ、メール誤送信防止製品を代理削除などに対応


掲載日:2009/12/02


News

 株式会社 CSK Win テクノロジは、メール誤送信防止製品「PlayBackMail」に、送信者以外の代理者が誤送信を防止する機能と、操作画面の英語対応を追加し、12月より発売する。価格は、クライアントライセンスが250ユーザまでで148万1000円となっている。

 「PlayBackMail」は、社外へのメール送信に際し、一定時間送信を保留することで誤送信を防ぐ製品。従来は送信者のみが誤送信メールを削除できたが、今回、“宛先に指定された社内の人による誤送信防止機能”が追加された。社外宛メールの“TO”や“CC”に指定された社内の受信者が誤送信に気付いた場合に、その受信者が送信者に代わり誤送信メールを削除できる。これにより、誤送信防止の確率を向上できるとともに、迅速な防止対応が可能になる。また、同製品を操作するWeb画面の表示を日本語/英語から選択できる機能も追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 クライアントライセンス 〜250ユーザ:148万1000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【日商エレクトロニクス】 Barracuda Essentials for Email Security 【バラクーダネットワークスジャパン】 被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? 【トレンドマイクロ】 「未知の脅威」への次の一手。侵入を前提とした対策、EDR 【トレンドマイクロ】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 高度な標的型攻撃対策、メールの保管、暗号化と情報漏えい対策、ならびにアーカイブ機能を提供するクラウドベースのメールセキュリティサービス。 被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? 「未知の脅威」への次の一手。侵入を前提とした対策、EDR

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027866


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ