ISIDとiTiD、設計・開発業務支援システムの機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ISIDとiTiD、設計・開発業務支援システムの機能を強化


掲載日:2009/11/27


News

 株式会社電通国際情報サービス(ISID)と株式会社iTiDコンサルティング(iTiD)は、両社が共同開発した製造業向け製品設計・開発業務支援システム「iPRIME NAVI」の機能を強化した「Ver2.0」の提供を、開始した。

 「iPRIME NAVI」は、製品開発の開発計画を容易に立案できるようにする業務支援システム。今回の「Ver2.0」では、業務の見える化が提供され、設計者の作業タスクに期間やリソース、成果物を割り当て、ガントチャート形式の日程表を作成できる。また、求める機能を実現するために技術要素を細分化する“技術ばらし”の情報と作業タスクの関連を考慮したスケジュール分析を行なうことで、手戻りを最小化するような日程計画への組み替えや、目標日程に対する完了見込みの検証を行なえる。

 「iPRIME NAVI Ver.2.0」では、“検討内容を洗い出す”/“検討順序を導く”/“日程計画を作成して開発計画の実現性を検証する”という過程で、設計・開発を進める。“検討内容を洗い出す”過程では、開発目標と技術仕様を細分化して、複雑な依存関係の強さを定量的に可視化する。“検討順序を導く”過程では、依存関係の分析機能により、技術仕様の背反関係や変更の影響範囲を明確化し、抜け漏れや手戻りを最小化する検討手順を導く。“日程計画を作成して開発計画の実現性を検証する”過程では、技術仕様を検討する作業タスクを洗い出し、日程計画の最適化や目標日程に対する完了見込みを検証する。

 『「技術」の見える化』と『「業務」の見える化』のモジュールが用意されており、価格は、それぞれ最小構成で250万円から/150万円から(いずれも保守費用別途)となっている。なお、ISIDがシステムの販売・導入・保守を実施し、iTiDがシステムを業務に適用するためのコンサルティングサービスを提供する(費用別途)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

通販ソリューション 【日立システムズ】 AZCLOUD SaaS EnergySuite 【富士通マーケティング】 カード決済トランザクションシステム SEGTRAN 【セイコーソリューションズ】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 ProSCOPE-C 【日立SC】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
通販バックヤードシステムを中心に、ECサイト、コールセンター、マーケティングツールなど、通販業務機能をオールインワンで提供。単品通販向け機能が豊富。 単価変動も怖くない!石油卸業向けに特化した富士通の販売管理 カード・信販会社等に必須となるCAFISやCARDNETなど、カード決済業務に不可欠な対外接続機能を統合したオールインワンパッケージ。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027826


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ