日本セキュア、日本IBMのSSOに連携した多要素認証を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本セキュア、日本IBMのSSOに連携した多要素認証を提供


掲載日:2009/11/27


News

 日本セキュアジェネレーション株式会社(日本セキュア)は、日本アイ・ビー・エム株式会社の「Tivoli Access Manager for Enterprise Single Sign-on(TAM ESSO)」に連携するソリューションとして、日本セキュアの多要素認証プラットフォーム「SecuMAP」を基にした「SecuMAP for TAM ESSO」の提供を、開始した。

 今回の連携ソリューションでは、利便性に優れたセキュリティ環境を構築できる。「TAM ESSO」で多要素(指紋、その他要望により容易に対応可能)による認証が可能で、指紋認証といった生体認証により、なりすましを防止できセキュリティを強化できる。また、PCへのログオン時のパスワードを生体認証にすることで、キー入力の手間を省け利便性を向上できる。

 シングル・サインオン(SSO)機能を提供する「TAM ESSO」が、多要素認証機能を備えた「SecuMAP for TAM ESSO」と連動することで、指紋認証などを含めた複数の認証デバイスが利用できるようになり、パスワード忘れなどによる時間のロスや定期的なパスワード変更の負担を軽減でき、認証の手間を省ける。また、生体認証を利用することで、盗難などによるなりすましのリスクも回避できる。これらにより、本人認証の精度を向上でき、業務全体の効率向上を支援する。更に、「SecuMAP for TAM ESSO」と「TAM ESSO」の組み合わせを導入することで、優れた利便性とセキュリティレベルを兼ね備えたIT環境を構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 指ハイブリッド認証 【NEC】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 NeoFace Monitor 【NEC】
認証 認証 認証 認証 認証
企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 もし知らないなら危険 情報漏えい対策「データセキュリティ4カ条」 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027819


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ