日本IBM、アクセス管理支援ソフトの対応認証デバイスを拡大

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、アクセス管理支援ソフトの対応認証デバイスを拡大


掲載日:2009/11/27


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、ICカードや生体認証デバイスの対応する種類を拡大し、クラウド環境でも安全/効率的なアクセス管理を支援するソフトウェアの新版「IBM Tivoli Access Manager for Enterprise Single Sign-On V8.1」を、11月28日より提供する。使用料金は、250ユーザで246万7500円からとなっている。

 「IBM Tivoli Access Manager for Enterprise Single Sign-On」は、ユーザIDとパスワードでの認証や認証情報の暗号化などのアクセス管理を一括して行なう“シングル・サインオン”(SSO)機能を提供する製品。今回、対応認証デバイスを拡大し、接触型ICカードや「FeliCa」などの非接触型ICカード、指紋認証などが追加され、企業全体でのSSOに様々な選択肢を提供する。

 企業内外の様々な既存システムと認証デバイスを柔軟に統合できるため、生体認証とパスワード認証の両方を利用して、効果的/確実に個人を認証できる。更に、VistaやFirefoxへの対応なども追加され、個人専用の端末に加え、大勢が共有するキオスク端末などとも連携可能になり、クラウド・コンピューティング環境にも適している。

 ユーザは、アプリケーションごとに複数のユーザIDとパスワードを管理することが不要になり、利便性や、各自の生産性を向上できる。また、システム管理者は、パスワード・リセットなどによるヘルプデスクの負荷を軽減でき、生体認証を含むセキュリティや、ユーザのアクセス監査などによるコンプライアンス対応をより一層強化できる。

 また同社は、高度なセキュリティを提供するため、認証デバイスを製造している様々な企業と連携する。今回、第1弾として、日本セキュアジェネレーション株式会社の、指紋認証によるログインを行なう装置「SecuMAP」と連携したソリューション「SecuMAP for TAM ESSO」を、11月28日より提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

指ハイブリッド認証 【NEC】 AXIOLE 【ネットスプリング】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027818


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ