ライフボート、サーバ用ディスククローニングツールの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ライフボート、サーバ用ディスククローニングツールの新版を出荷


掲載日:2009/11/27


News

 株式会社ライフボートは、独Paragon Software Groupが開発したサーバOS対応のディスククローニングツールの新バージョン「LB コピー ワークス11 Server」を、出荷した。価格は、3万円となっている。

 「LB コピー ワークス11 Server」は、HDDのコピー(クローン)を作成できるユーティリティ。使用中のOSやアプリケーション、WordやExcelなどの文書ファイル、様々な環境設定を、すべてそのまま他のHDDへコピーできる。TCOの低減を図れるほか、HDD自体のバックアップも兼ねるため、ダウンタイムを低減することもできる。

 今回の新バージョンでは、Windows Server 2008 R2に対応したほか、64ビット版のWindowsやSSDへの対応も追加された。更に、CD起動時の環境がWindows PE 2.1になり、最新のハードウェア環境への対応が強化されたほか、ユーザ自身でドライバを追加することで、新しいチップセットなど最新の環境にも対応できる。

 VSS(Volume Shadow Copy Service)に対応したコピーが可能になったため、SQL ServerやOracleを止めずにコピーできる。“ワンクリック ウィザード”により、クリック操作でコピー関連の設定を完了でき、コピーを実行できる。また、コピーをスケジューリングすることもできる。2TBまでの大容量HDDに対応している。MBR(マスタ・ブート・レコード)を含むHDD全体をコピーできる。


出荷日・発売日 2009年11月27日 出荷
価格 3万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 【Veeam Software Japan 株式会社】 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は 【arcserve Japan+他】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 ハイパーコンバージドにベストマッチなバックアップツールは見つかるか? 【arcserve Japan+他】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 HCIに適したバックアップは? データを削減し効率的な方式で、負荷を最小限に 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 導入が進むハイパーコンバージドインフラ。導入や運用がシンプルになるのが特徴だが、それならバックアップもシンプルにしたい。そんなユーザーの要望に応える製品とは? ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027810


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ