クライム、VMwareに対応したWAN高速化ソフトウェアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クライム、VMwareに対応したWAN高速化ソフトウェアを発売


掲載日:2009/11/20


News

 株式会社クライムは、米NetEXと販売契約を結び、仮想化ソリューションVMwareに対応したWAN高速化ソフトウェア「Hyper/IP for VMware」を、発売した。

 「HyperIP」は、バックアップ/レプリケーション・アプリケーション用のWAN高速化ソフトウェア・ソリューション。今回発売された「Hyper/IP for VMware」は、仮想化インフラストラクチャにおけるレプリケーション・アプリケーションのパフォーマンスを向上させるWAN高速化ソフトウェアで、1.5Mbpsから800Mbpsまでのデータ転送レートに対応する。同製品を利用することで、ハードウェアをリプレースせずに拡張性を得ることができる。なお価格は、オープン価格となっている。


出荷日・発売日 2009年11月19日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAN高速化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAN高速化」関連情報をランダムに表示しています。

「WAN高速化」関連の製品

ビジネス変革に成功する企業はなぜ「SD-WAN」に注目するのか? 【テルストラ・ジャパン】 “次のビジネス”を生み出す「IoT」の活用に必須の通信プラットフォームとは 【センスウェイ】 IoTで事業を展開する際に重要なLPWAの通信規格「LoRaWAN」の特徴 【センスウェイ】 LPWAの通信規格「LoRaWAN」を活用し理想のIoTビジネス環境を構築 【センスウェイ】
WAN高速化 WAN高速化 WAN高速化 WAN高速化
ビジネス変革に成功する企業はなぜ「SD-WAN」に注目するのか? “次のビジネス”を生み出す「IoT」の活用に必須の通信プラットフォームとは IoTで事業を展開する際に重要なLPWAの通信規格「LoRaWAN」の特徴 LPWAの通信規格「LoRaWAN」を活用し理想のIoTビジネス環境を構築

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027754


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ