IIJ、マネージドVPNにリモートアクセスなど3種のオプション追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJ、マネージドVPNにリモートアクセスなど3種のオプション追加


掲載日:2009/11/19


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、フルマネージド型のインターネットVPNサービス「IIJマネージドVPN PROサービス」に、リモートアクセスなど3種類のオプション機能を追加し、提供を開始した。

 「IIJマネージドVPN PRO」サービスは、サービスアダプタ(VPN機器)のレンタルから運用保守までを同社が包括的に提供するインターネットVPNサービス。今回の新オプションでは、拠点間VPNを構成するサービスアダプタ1台で、リモートアクセスVPNや閉域型モバイルWANなどの接続機能を兼ねることができ、モバイルブロードバンドを活用した社内へのアクセス環境を廉価/短期間に構築できる(オプションの利用には、別途認証サービスなどの契約が必要)。

 「リモートアクセスVPNオプション」では、親拠点のサービスアダプタと、外出先や自宅などのリモートアクセスPCとの間で、PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)を利用したリモートアクセスVPNを構築する。クライアントPCのVPN設定はWindowsの標準機能を利用するため、専用ソフトウェアのインストールが不要で、インターネット環境があれば容易に社内ネットワークへ接続できる環境を廉価に構築できる。

 「ダイレクトアクセスオプション」では、親拠点のサービスアダプタと、IIJモバイルを利用しているリモートアクセスPCとの間で、閉域型リモートアクセスVPNを構築する。閉域型リモートアクセスソリューション「IIJダイレクトアクセス」を利用することで、既存のインターネット環境を活用した閉域接続が可能になる。リモートアクセスPCにはプライベートIPアドレスのみが割り振られ、インターネット環境から隔離されるため、インターネットからの脅威を排除したリモートアクセス環境を廉価に構築できる。

 「ダイレクトアクセスWANオプション」では、親拠点のサービスアダプタと、IIJモバイルを接続した子拠点のサービスアダプタとの間で、拠点間の閉域接続を構築する。「IIJダイレクトアクセス」と、同社が開発したモバイルデータ通信対応ルータ「SEIL」を子拠点側のサービスアダプタとして利用することで、既存のインターネット環境を活用した拠点間の閉域型モバイルWANを構築できる。子拠点側のサービスアダプタにはプライベートIPアドレスのみが割り振られるため、インターネットからの脅威を排除した閉域WAN環境を容易に構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-VPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
IP-VPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027743


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ