レッドハット、標準仮想化技術をベースにした仮想化製品群を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レッドハット、標準仮想化技術をベースにした仮想化製品群を提供


掲載日:2009/11/18


News

 レッドハット株式会社は、Linuxカーネルに組み込まれたオープンソースの標準仮想化技術“KVM”をベースにした仮想化製品群「Red Hat Enterprise Virtualization for Servers」の提供を、開始した。

 「Red Hat Enterprise Virtualization for Servers」は、管理ソフトウェア製品「Red Hat Enterprise Virtualization Manager for Servers 2.1」とハイパーバイザ製品「Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor 5.4」で構成されている。“KVM”ベースで、OSの中核機能はLinuxの機能を使用するため、最新ハードウェアを活用して仮想化環境の性能低下を抑えられる。

 「Red Hat Enterprise Virtuazalization Manager for Servers 2.1」は、大規模な仮想化/クラウド環境を構成する物理サーバ/仮想サーバを統合的に管理し、運用を支援するGUIベースのソフトウェア。Red Hat Enterprise Linux(RHEL)と「Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor」で稼働する仮想マシンの稼働状況などを視覚的に表示でき、仮想マシンの作成や起動・終了、ストレージやネットワークの設定や構成を容易に行なえる。

 ライブマイグレーションが提供され、稼働中の仮想マシンを動的に別ホストに移動できる。物理ホストの障害を検知して、仮想マシンを自動的に別ホストに移動・再起動する、高可用性も提供される。また、CPU使用率のしきい値を超えると自動的に別ホストに移動させ負荷を分散できるほか、ピーク時間以外の時間帯などに自動的に別ホストに移動させ、不要なホストの電力を節約できる。ダウンタイムを回避してホストの計画保守を行なえるほか、OSイメージのテンプレートから仮想マシンを短時間に作成できる。

 「Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor 5.4」は、RHELとWindows 2003/2008に対応し、IAサーバにインストールして利用できる独立型のハイパーバイザ製品。RHELのカーネルと“KVM”を利用しているため互換性に優れ、RHELの優れたスケーラビリティや信頼性、セキュリティの機能を利用できる。また、ホストとして最大64CPUと1TBのメモリをサポートし、ゲストOSあたり最大16の仮想CPUと64GBのメモリをサポートする。

 また、有償の導入支援サービス「RHEV クイックスタートサービス」も提供開始された。ユーザ企業は高い集約率でサーバを統合しながら、信頼性に優れたクラウド コンピューティング環境を構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027725


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ