I-Oデータ、シスコのCCX認証を取得した無線LANアダプタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、シスコのCCX認証を取得した無線LANアダプタを発売


掲載日:2009/11/16


News

 株式会社アイ・オー・データ機器は、シスコシステムズ合同会社製品との接続性を確認するための認定プログラム“CCX”に対応した無線LANアダプタ2製品を、11月下旬より発売する。

 今回発売されるのは、IEEE802.11n/a/g/b対応で、USB接続の「WHG-AGDN/US」と、CardBus接続の「WHG-AGDN/CB」の2製品。価格は、いずれも1万400円となっている。IEEE802.11nに対応したことで300Mbps(規格値)の通信速度を達成しているほか、柔軟/高度な暗号化にも対応している。また、セキュリティ機能が充実しているほか、シスコ社製アクセスポイント(AP)「Aironet 1140」シリーズなどに対応したことで、シスコ社製APの子機として企業内でも使用できる。

 5GHz帯はW52/W53の帯域(36/40/44/48/52/56/60/64chの8チャンネル)に加え、11a規格での屋外利用が可能になったW56(11チャンネル)にも対応し、合計19chに対応したことで、APを複数台設置する際にもチャンネル不足を気にせずに、安定的な無線LAN環境を構築できる。また、IEEE802.1x/EAP認証に対応しており、RADIUS(認証)サーバと組み合わせることで、アクセスを許可されたユーザ以外の不正なネットワーク接続を防止でき、安全なネットワークを構築できる。解読が困難な暗号化方式“AES”や、“TKIP”/“WEP”(64/128ビット)にも対応しており、使用する環境にあわせた適切な方式で接続できる。

 “Wi-Fi CERTIFIED n”認証を取得しており、メーカが異なる製品でも同認証ロゴを取得した製品同士の相互接続性が保証されている。また、“ワンクリック簡単インストール機能”を搭載しており、CD-ROMをPCに挿入した後、設定画面のボタンをクリックし、画面の指示に従って同製品を差し込むことで設定を完了できる。自動でドライバ、設定ユーティリティのインストールが完了するため、初心者でも容易に利用できる。有償保守サービス“アイオー・セーフティ・サービス”の対象製品で、3年保証に加え、専用の有償サービスが別途用意されている。


出荷日・発売日 2009年11月下旬 発売
価格 1万400円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

“情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 NeoFace Monitor 【NEC】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 Office 365×CloudGate UNO 【日本マイクロソフト+他】
認証 認証 認証 認証 認証
もし知らないなら危険 情報漏えい対策「データセキュリティ4カ条」 企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? クラウド版Microsoft Officeを月額100円で安全に利用する方法とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027684


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ