日立ソフト、回帰テスト自動化ツールの新バージョンを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、回帰テスト自動化ツールの新バージョンを出荷


掲載日:2009/11/11


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、回帰テスト自動化ツールの新バージョン「anyWarp Capture/Replay V3.4」を、11月16日より出荷する。

 「anyWarp Capture/Replay」は、アプリケーションに対する操作を記録/自動実行する機能により、回帰テストの画面入力を自動化するツール。また、テスト結果を自動的/機械的に検証する機能により、チェック漏れを防止可能とする。これらにより、テスト工程の効率化とともに、テスト品質の向上を図ることができる。今回の新版では、対応環境の拡大として、Windowsアプリケーション分野で.NETアプリケーションに対応し、Visual Basic、C++、C#など記述言語に依存せず、.NET Frameworkの環境で利用可能となっている。またWebアプリケーション分野では、Ajaxを使った非同期通信に対応したほか、JavaScriptで動的にオブジェクトの追加、削除を行なう操作にも対応した。

 新規に追加された機能では、テストシナリオ(操作を記録したもの)に途中から操作を追記する“追加記録”により、仕様変更に伴うテストシナリオ修正作業を容易に実行可能となった。また、任意の再生回数を指定して実行する“範囲を指定して再生”により、再生に失敗したデータを選択して再実行可能となった。これにより、単一、繰返し、組合せ、日時指定など、利用シーンに合わせて、様々な再生パターンを実行できる。

 IE6からIE7へのテストシナリオ変換機能も追加されており、ブラウザバージョンアップの際も以前のテストシナリオをそのまま動作させることができる。複数PCで出力したテスト結果を集計し、1つのサマリを作成する機能も備え、複数のPCで実行したテスト結果を一覧で表示してテスト総数の把握を可能とするほか、一覧表からテスト結果の詳細も閲覧できる。なお価格は、1ライセンスで31万5000円、問題解決支援サービスとアップグレード版の無償提供を含む保守サービスが1ライセンス(1年間)で4万7250円(いずれも税込)となっている。レンタルも行なわれている。


出荷日・発売日 2009年11月16日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日立ソフトウェアエンジニアリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テストツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テストツール」関連情報をランダムに表示しています。

「テストツール」関連の製品

WebアプリケーションUIテスト自動化ツール Developer Caretaker 【NDIソリューションズ】
テストツール
WebアプリケーションのUIテストに特化したシンプルな自動化ツール。テストの自動化による継続的な品質マネジメントで、テストや管理の効率化、品質の均質化を実現できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027629


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ