トレンドマイクロ、IM/メール/EIP等のセキュリティ製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トレンドマイクロ、IM/メール/EIP等のセキュリティ製品を発売


掲載日:2009/11/11


News

 トレンドマイクロ株式会社は、社内のコミュニケーションに利用されるインスタントメッセンジャー(IM)/メール/社内ポータル(EIP)など、マイクロソフトが提唱するコラボレーション環境全体のセキュリティを強化できる製品「Trend Micro Collaboration Security」を、12月18日より発売する。

 「Trend Micro Collaboration Security」は、社内リモート会議やインスタントメッセンジャーのセキュリティ対策を行なう新製品「IM Security for Microsoft Office Communications Server」と、メール統合環境のセキュリティ対策を行なう「InterScan for Microsoft Exchange」、社内ポータルやワークフローなど社内業務システムのセキュリティ対策を行なう「PortalProtect」の3製品で構成されるセット製品。

 「IM Security for Microsoft Office Communications Server」は、Microsoft Office Communications Serverが提供するインスタントメッセンジャーを用いてコミュニケーションする際のセキュリティ対策を行なう製品。不正プログラムの感染源となるWebサイトやフィッシング詐欺サイトのURLが含まれたメッセージを送信した際に、同社のクラウド基盤を活用したWebレピュテーション技術を使用して、危険度の高いWebサイトを自動的に判断し、サーバ側でメッセージをブロックする。

 これによりユーザは、不正プログラムの感染源となるWebサイトやフィッシング詐欺サイトのURLが含まれない安全なメッセージのみを受け取ることができる。また、新種や亜種のウイルスに対応できる“IntelliTrap”を利用できるほか、スパイウェア/ボットなどを含む最新のマルウェアの脅威から保護できる。コンテンツフィルタ機能も備え、情報漏洩を防止できる。

 「InterScan for Microsoft Exchange」は、Microsoft Exchange Serverが提供するメール統合環境のセキュリティ対策を行なう製品。Webレピュテーション技術を使用したスパムメール対策や、メールコンテンツフィルタ機能による情報漏洩防止を行なえる。

 「PortalProtect」は、Microsoft Office SharePoint Serverが提供する社内ポータルやワークフローなどの社内業務システムのセキュリティ対策を行なう製品。Microsoft Office SharePoint Serverが利用するSQL DBのウイルス検出や、統計レポートによる脅威の傾向分析を行なえる。


出荷日・発売日 2009年12月18日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

膨大なセキュリティ製品の運用管理はもう限界、高度な対策を手短に実現するには 【シスコシステムズ+他】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance 【エムオーテックス】 マルウェア対策のBPO型クラウドサービス「PIT-マネージドエンドポイントプロテクション」 【NECキャピタルソリューション】 情報セキュリティSDK CYREN 【Jiransoft Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
セキュリティ対策に取り組む企業のIT担当者は「運用の複雑化」という課題に直面している。「エンドポイントセキュリティの対策」で負担を軽減する良い手はないだろうか。 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。 事例●マルウェア対策の見直しで情シスの管理負担をほぼゼロに! 多数のグローバル企業で導入されている、アンチスパム、アンチマルウェア、URLフィルタリング、IPレピュテーションなどのセキュリティ機能を利用するための開発キット。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027623


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ