インフォプリント、基幹システム向けラインプリンタ2機種を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォプリント、基幹システム向けラインプリンタ2機種を出荷


掲載日:2009/11/11


News

 インフォプリント・ソリューションズ・ジャパン株式会社は、基幹システムからの出力に使用できるライン・プリンタ「InfoPrint 5400 F」シリーズに、廉価な「InfoPrint 5400 モデルF02」と最上位機種「InfoPrint 5400 モデルF10」の2機種を追加し、11月12日(予定)より出荷する。

 「モデルF02」は、想定月間印刷枚数が6000枚、最高印刷速度が毎分225行/205行/150行(日本語:超高速モード/高速/通常速)のライン・プリンタ。「モデルF10」は、想定月間印刷枚数2万枚の耐久性を備え、日本語で毎分1000行(超高速モード)の高速印刷を行なえる(いずれも想定月間印刷枚数は、15×11インチの連続用紙、1ページあたり1500字、全角:半角=3:7を想定)。

 両モデルとも、IBM iへはTelnet5250Eで、他のeServerへはLPRで、LAN(TCP/IP)接続でき、Telnet5250EとLPR5577を自動で切り換えることができる。また、内蔵のWebサーバにより、プリンタの設定/設定変更/状況確認を行なえる。

 「モデルF02」は、最高でオリジナル+8枚までの印刷が可能となっている。10/100BASE-TXイーサネット・インターフェースを標準装備し、オプションでTwinax接続を選択できる。また、20倍角までの拡大文字を印字できるほか、新郵便番号制カスタマー・バーコードや、CODE128などのバーコード、2次元コード“QRコード”に対応している。

 「モデルF10」は、LAN接続/パラレル接続の2種類のポートを標準装備している。左側面のサイド・ドアから印字後の用紙を取り出せる。また、一般の複写紙に加え、厚さが不均一な宅配伝票などにも対応した、様々なコピー機能を備えている。OCR-Bフォントや8種類のバーコードを印刷することもできる。

 なお価格は、「モデルF02」が128万円、「モデルF10」が418万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 「モデルF02」:128万円、「モデルF10」:418万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027619


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ