日本クアンタムストレージ、NASバックアップ新製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本クアンタムストレージ、NASバックアップ新製品を発売


掲載日:2009/11/10


News

 日本クアンタムストレージ株式会社は、簡易性に優れたデデュープ(重複排除)を提供する、ミッドレンジクラス向けNASバックアップアプライアンス製品の新ファミリ「DXi6500」を、発売する。

 「DXi6500」ファミリは、仮想環境を含む広範な環境へ容易に統合可能な、ターンキーシステムのデータ保護用NASアプライアンス。プライマリデータが3〜30TBのミッドレンジ環境を保護するために設計された、事前に構成済みの5種類のモデルが用意されており、各モデルにはデデュープ機能が組み込まれている。デデュープ技術とレプリケーション技術により、バックアップに必要なディスク容量とレプリケーションに必要な帯域幅の双方を、通常90%以上低減できる。Intelチップセットを採用し、SSD(Solid State Drive)と、特定モデルに10ギガビットイーサネットのネットワークインターフェースを搭載しており、1時間あたり2TBのNASバックアップ性能を提供する。

 クアンタムの他の「DXi」シリーズと共通のレプリケーション方式を持つシンプルなNASインターフェースが提供されるほか、すべてのモデルでエンドユーザまたはリセラーがインストールできるように設計されており、ユーザ自身による容量の拡張が可能となっている。また、Symantec社のOpenStorage APIを使用して、NetBackupなどのバックアップソフトウェアパッケージと統合できるため、複数のサイトとストレージ層を一括管理できる。また、バックアップデータのカタログに対応したレプリケーションや、ネイティブのテープ作成処理も自動化できる。クアンタムの「esXpress」ソフトウェアも付属しており、VMware環境に最適化されたバックアップを提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 【Commvault Systems Japan】 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】 仮想システムも数クリックで保護、中小企業向け統合バックアップ製品の実力は? 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 仮想システムも数クリックで保護、中小企業向け統合バックアップ製品の実力は?

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027609


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ