BakBone、バックアップ/リカバリ・ストレージ管理の新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BakBone、バックアップ/リカバリ・ストレージ管理の新版を出荷


掲載日:2009/11/05


News

 バックボーン・ソフトウエア株式会社(BakBone)は、バックアップ/リカバリ・ストレージ管理ソリューションの新バージョン「NetVault Backup 8.5」を、2010年第1四半期(予定)より出荷する。

 今回の新バージョンでは、ディスクに仮想的にテープ・ライブラリを作成せずにディスクにバックアップを行なう製品「NetVault SmartDisk」がリリースされ、新しいディスク・バックアップ・オプションとDedupe(データ重複排除)オプションが提供される。バイト単位の可変長ブロック・ベースのDedupeオプションを使用することで、平均最大90%のディスク容量を節約できる。特殊なドライブやアプライアンスは不要で、既存のストレージ・インフラを利用できる。また、ポスト処理なので、バックアップ時間外にスケジューリングでき、保護対象のサーバ・リソースに影響を与えずにデータ重複排除を行なえる。Data Domainといったサード・パーティ製のディスク・バックアップ・ソリューションと併用することもできる。

 Windows Server 2008 R2、Windows 7、Mac OS X Snow Leopardに対応した。また、オプションの暗号化プラグインは、AES(Advanced Encryption Standard)256ビットやCAST-256といった暗号化アルゴリズムに対応した。プライマリ・バックアップは暗号化せずセカンダリ・コピーのみを暗号化する機能を備え、セカンダリ・ストレージのセキュリティ基準を満たしながらバックアップ時間を短縮できる。暗号化したいデータのみを暗号化できるよう、ジョブ・レベルの暗号化機能も提供される。暗号化したデータを、未暗号化の複製データと同じ「NetVault SmartDisk」インスタンスに保存できる。プライマリ・コピーをDedupe、セカンダリ・コピーを暗号化というようにデータを2つに分けることで、暗号化データのDedupeに対処できる。

 ディザスタ・リカバリ用に、バックアップ・サーバ自身とバックアップ・クライアント自身のイメージ・バックアップ/リカバリを行なえる。Hyper-Vのデータ保護を簡便に行なえる“Hyper-V Plugin”もオプションで提供される。また、ノートPCなどのクライアントOSに適したバックアップ・オプション“Workstation Client”も用意されており、移動中はローカルにバックアップを保持し、社内ネットワークに接続後、バックアップ・サーバに自動バックアップできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成:14万4000円〜(初年度保守費用込み)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 【Commvault Systems Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 サーバ仮想化環境におけるデータ保護のベストプラクティスは? 【クエスト・ソフトウェア】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 サーバ仮想化環境におけるデータ保護のベストプラクティスは? オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027552


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ