NECDS、基本性能を拡充したDLPプロジェクタ4機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECDS、基本性能を拡充したDLPプロジェクタ4機種を発売


掲載日:2009/11/02


News

 NECディスプレイソリューションズ株式会社(NECDS)は、プロジェクタ「ビューライト」シリーズで、DLPプロジェクタ「NP215J」/「NP210J」/「NP115J」/「NP110J」の計4機種を、発売した。価格は、いずれもオープン価格となっている。

 今回発売された製品のパネル解像度(リアル)/明るさは、「NP215J」がXGA(1024×768ドット)/2500ルーメン、「NP210J」がXGA/2200ルーメン、「NP115J」がSVGA(800×600ドット)/2500ルーメン、「NP110J」がSVGA/2200ルーメン、重さはいずれも約2.5kgで、従来機種に比べ輝度・コントラスト比が向上している。解像度変換技術によりUXGA(1600×1200ドット)表示まで対応している。

 電源投入後約7秒で接続しているPCやビデオの映像を投写できる。また、電源を切ると冷却ファンが停止するため、すばやく片付けられる。更に、投写中にスイッチ付き電源タップのスイッチなどで電源を切ることもできる。スタンバイ(省電力)時の消費電力が0.49Wの省電力設計を採用している。

 省エネルギーモードのエコモード選択時の省エネ効果を、二酸化炭素排出削減量に換算して表示できる。エコモード選択時には、ランプ交換時間(目安)を最大5000時間に延長でき、ランプ交換の費用や手間を削減できる。また、本体操作部、端子部、リモコンに日本語表記を採用し、使い勝手に配慮している。7Wのモノラルスピーカを内蔵し、教室や会議室などの広い空間でも十分な音量を提供できる。

 ホワイトボードへの投写に適した“ホワイトボードモード”を設定できるほか、色付きの壁に投写した時の色データ(“黒板モード”2色を含む計8色)を内蔵しており、オフィスや学校の壁、パーテーションなどにも投写できる。また、投写画面の台形歪みを、上下方向最大±約40度の範囲で調整できる機能も備えている。本体横のセキュリティバーや、“キーワード設定”機能、リモコンのみで操作可能にする“本体キーロック”機能を搭載し、セキュリティに配慮している。

 「NP215J」は、有線LANに対応しており、同社Webサイトから無償ダウンロードできるコントロールソフト「PC Control Utility Pro」をPCにインストールことで、ネットワークを利用してPCからプロジェクタの電源のオン/オフや入力信号の切り替えを行なえるほか、プロジェクタの動作状況やランプ交換の目安を確認できるなど、プロジェクタを集中管理できる。


出荷日・発売日 2009年11月2日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027519


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ