アプレッソ、複数スケジュール同期ソフトをDominoなどに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アプレッソ、複数スケジュール同期ソフトをDominoなどに対応


掲載日:2009/10/30


News

 株式会社アプレッソは、PIM情報の自動同期ソフト製品「PIMSYNC」で、Lotus Notes/DominoやGoogle カレンダーとのスケジュールの双方向同期に対応した新版「バージョン1.2」を、10月(予定)より出荷する。

 「PIMSYNC」は、企業に導入されている複数の異なるソフトウェア・パッケージ製品のスケジュールや、ToDo機能で管理されているスケジュール、ToDoのPIM情報を各製品間で自動同期できる製品。重複入力や複数更新の手間、記入漏れなどの問題に対処でき、予定に関連する業務を円滑化することで個人とグループの生産性向上を支援する。

 従来のMicrosoft Office SharePoint Server 2007とExchange Server 2007/2003、ソフトブレーン株式会社のSFA(営業支援システム)「eセールスマネージャー」に加え、今回、Lotus Notes 6.5/7/8.5のカレンダー/ToDoとのLotus Domino連携と、Google カレンダー(企業向けGoogle Appsのカレンダーを含む、カレンダー連携のみ)との相互連携が可能になった。

 なお価格は、基本パックが30万円からで、ユーザID数による料金体系が採用されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027507


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ