アシスト、運用管理ツールと構成管理環境を連動できるキット提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アシスト、運用管理ツールと構成管理環境を連動できるキット提供


掲載日:2009/10/30


News

 株式会社アシストは、サービスデスク支援ツール「HP Service Manager software(以下、HP Service Manager)」(開発元:Hewlett-Packard Company)と、統合運用管理ツール「JP1」(開発元:株式会社日立製作所)との連携を可能にする「HP Service Managerバリュー・キット」の第2弾で、「HP Service Manager」と「JP1」の“資産・配布管理”機能を連携させるための、構成管理情報連携キット「CIコネクタ」(CI:構成アイテム)の提供を、開始した。

 「CIコネクタ」は、システム内に散在する運用管理情報を有効活用したいというニーズに対応し、運用管理ツールと連動した構成管理環境を、少ない工数で、早期に構築できる構成管理情報連携キット。「JP1」で収集した構成管理情報を「HP Service Manager」の統合リポジトリ“UCMDB”に反映でき、インシデント情報や変更管理情報、構成管理情報などを“UCMDB”に一元化し、システム環境と同期化された構成管理情報をインシデント管理機能や変更管理機能などの管理画面からリアルタイムに確認できる上、実態に即したIT資産管理・構成管理を行なえる。

 内容物には、「JP1」連携用プロダクト使用権、初年度プロダクト・サポート、「JP1」連携セット一式とドキュメント、作業費が含まれる。なお、「HP Service Manager」/「JP1」それぞれの基本プロダクト、サポートと構築サービスは別途購入する必要がある。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク 【日本マイクロソフト】 情報漏えい対策+資産管理ツール MaLionCloud 【インターコム】 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 【カーバチュア・ジャパン】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク 情報漏えい対策とIT資産管理・SAM、働き方改革支援まで網羅したクラウド型PC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した製品づくりが特長。 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027502


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ