日本IBM、ハードからアプリケーションまでの包括的な移行を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ハードからアプリケーションまでの包括的な移行を支援


掲載日:2009/10/26


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、他社製品を使用した情報システムからIBM製品を活用した情報システムへの移行を、ハードウェア/OS/ミドルウェアに加えアプリケーションも含めて支援するための部門横断的な施策「Japan Migration Factory Program(仮)」を、開始した。また、様々な移行支援プログラムを提供する専門組織“Migration Center of Competency”(MCoC)を、新設した。

 今回発表された移行支援施策では、“MCoC”が、無償の移行アセスメントをはじめ、システム設計からアプリケーションのポーティング、テスト、移行後の運用までを包括的に支援する。支援の内容は、システムインフラ移行に関する初期の相談から移行後の運用までの包括的な支援、他社製ハードウェア(サーバ/ストレージ)やOS(UNIX/ホストOS)からの移行、他社製ミドルウェアやアプリケーション・パッケージからの移行またはバージョンアップ、ユーザのアプリケーション・プログラムのチェック/修正/検証が用意されている。

 IBMコーポレーションの移行支援「IBM Migration Factory」の再利用可能で標準化されたアセットを活用することで、短期間で移行でき、リスクも軽減できる。同施策により、TCOを削減できる。また、マイグレーション・パートナーとも協業し、他社システムからIBM製品への移行を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027440


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ