日立ソフト、UTM等のログ解析/レポート製品を年間定額制で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、UTM等のログ解析/レポート製品を年間定額制で提供


掲載日:2009/10/26


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、ファイアウォール/UTM(統合脅威管理)機器のログ解析と、レポートの自動生成を支援する製品「NetInsightII Security Reporting Center(SRC)」で、データセンタなどの大規模ユーザ向け定額制ライセンス体系を新設し、年間定額制モデルを出荷した。

 「NetInsightII SRC」は、ファイアウォール/UTM機器が出力するログ情報を分析し、スケジュールに基づいて定期的に、視覚的なレポートをIT管理者に提供することで、不正の兆候を早期に検知することを支援する製品。今回出荷された年間定額制モデル「NetInsightII Security Reporting Center v4.2 DataCenter(NetInsightII SRC DataCenter)」では、初期導入費を低減でき、解析対象の台数に依存せず運用コストを抑えたライセンス体系が採用されている。

 ファイアウォールを大量に所有している企業では、各拠点に設置したファイアウォールの社外ネットワークへのアクセス状況や、不正アクセスの兆候、ファイアウォールの運用状況を、ファイアウォールの種類が異なっている場合でも同一のレポートテンプレートで把握できる。データセンタを運営している企業では、生成されたレポートで運用状況が把握できるほか、データセンタの利用者に提供することで、運用報告書作成の負荷を軽減できる。

 なお価格は、年額525万円(税込)で、同製品をインストールするマシンが1台増えるごとに年額30万円が追加される。


出荷日・発売日 2009年10月26日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日立ソフトウェアエンジニアリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

次世代クラウドセキュリティ対策ソリューション Gresシリーズ 【グレスアベイル】 標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは? 【ヴイエムウェア】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
次世代仮想化ファイアウォールや標的型攻撃対策サンドボックス、マルウェア解析サービスなど、高性能のセキュリティ製品をラインナップしたセキュリティトータルサービス。 標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは? 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027437


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ