提携:ウォッチガードとCSE、リモートアクセスで協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ウォッチガードとCSE、リモートアクセスで協業


掲載日:2009/10/26


News

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社と株式会社シー・エス・イー(CSE)は、ウォッチガードのSSL-VPN機器「WatchGuard SSL100」とCSEが開発した本人認証製品「SECUREMATRIX」とを連携させ、連携ソリューションの共同プロモーションで、協業する。

 「WatchGuard SSL 100」は、操作性に優れ廉価で、高セキュリティのリモート・アクセス・ソリューション。「SECUREMATRIX」は、人が頭の中に想い描くイメージとワンタイムパスワードを融合した“マトリクス認証”方式を採用した認証デバイスを使わない本人認証システム。今回、両製品が連携することで、利用者はWebブラウザを利用することで、高いセキュリティを保ちながらリモートアクセスできる環境の構築が可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

サイトアクセスの3割を占める悪性bot、対策の鍵はクラウド型ふるまい検知 【シーディーネットワークス・ジャパン】 脅威対策をAWSに最適化、クックパッドに学ぶ包括的な保護のポイント 【トレンドマイクロ】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 Webアプリにおいて認証メカニズムとアクセス制御の実装はどうあるべきか? 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】
認証 認証 認証 認証 認証
基礎から学ぶ「bot攻撃」対策:代表的な攻撃手法と有効な対処法 脅威対策をAWSに最適化、クックパッドに学ぶ包括的な保護のポイント Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 Webアプリにおいて認証メカニズムとアクセス制御の実装はどうあるべきか? ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027435


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ