コダマ、プラスチック金型向け3次元CADシステムの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コダマ、プラスチック金型向け3次元CADシステムの新版を出荷


掲載日:2009/10/26


News

 コダマ コーポレーション株式会社は、プラスチック金型向け3次元CADシステムの新バージョン「TOPmold v6.10J」を、出荷した。

 「TOPmold」は、成形品の3次元CADデータを活用して、射出成形、ブロー成形、ダイカストなどの金型を設計する金型設計支援システム。今回の新バージョンでは、複数の設計者で金型設計を行なうチーム設計の機能や、穴同士の干渉チェック機能が搭載されたほか、冷却回路の管理機能の強化、パーティング管理機能の追加が行なわれた。

 チーム設計の機能は、設計者の人数、分割するファイル数は無制限で、ユーザの設計環境に合わせて自由に設定できる。更に、ファイルの分け方も自由に行なえるため、固定側、可動側、入れ子に加え、設計者の人数、納期に合わせて細分化できる。例えば、急に他の設計者と同時並行で設計を進めることになった場合でも、設定途中のデータを容易に分割できるほか、途中で設計者の人数が減った場合でも容易にファイルを統合できる。こうした設定の柔軟性により金型設計の効率化を図れる。

 「TOPmold」は、型構造を設計する際に、エジェクタピンやガイドピンの干渉を事前にチェックすることで、干渉を防止できる。今回、更に、冷却水穴、エジェクタピンの穴などの穴と穴の干渉を確認できるようになった。特に、冷却水穴との干渉では、“何mm以下であれば干渉とみなす”といった細かい設定を行なるため、冷却水穴とボルト穴が干渉して穴が開き、水漏れが起こるなどのミスを防止できる。

 冷却回路の管理機能が強化され、1つのダイアログボックスでドキュメント内のすべての冷却回路を確認できるようになった。更に、そのダイアログボックスに冷却回路の表示、反転、修正、干渉チェック、冷却効果のコマンドが統合された。これにより、ダイアログボックスから水穴の色や直径の変更、先端部の長さ変更、干渉個所の特定を行なえる。

 パーティング管理機能が追加され、パーティング面、パーティングラインの追加、除外、成形品の表示/非表示、穴の検出などを1つのダイアログボックス内で行なえるようになった。これにより、パーティング面やパーティングラインのみの表示/非表示をコマンドを切り替えずに行なえるため、作業効率を改善できる。

 なお価格は、115万5000円(ライセンス使用権のみ、年間のメンテナンス料金別、税込)となっている。


出荷日・発売日 2009年10月26日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027427


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ