ヴイエムウェア、DC環境の包括的なキャパシティ管理製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴイエムウェア、DC環境の包括的なキャパシティ管理製品を発売


掲載日:2009/10/23


News

 ヴイエムウェア株式会社は、VMware vCenter製品ファミリの新製品で、VMware製品で仮想化されたデータセンタ(DC)環境に対して包括的なキャパシティ管理を行なえるソリューション「VMware vCenter CapacityIQ」を、発売した。

 「VMware CapacityIQ」では、IT管理者が必要とするキャパシティ情報を可視化できるほか、動的な仮想環境でのインフラを最適化できる。リソースの未使用率/使用率情報の提供、必要容量の予測、将来的な必要容量の見通し分析など、過去/現在/将来のインフラのキャパシティに関する必要情報を提供できる。これにより、インフラの浪費解消、運用時のオーバーヘッド削減、停止、故障、災害などによるシステム障害といった業務上のリスクを低減できる。

 複数のリソースのプロアクティブな監視、変化による影響の分析、消費パターンに基づいた将来的なリソースニーズの予測などが可能で、サーバアプリケーションや仮想デスクトップへの対応など、費用対効果に優れた仮想インフラの増強を検討しているユーザに適している。

 未使用リソースを再利用してコストを削減するために、リソースの使用パターンをプロアクティブに分析し、過度にプロビジョニングされている仮想マシンのリストを自動的に生成できる。この情報に基づき、仮想インフラの管理者はリソースの追加購入不要で、未使用のリソースを再利用できる。また、必要となるキャパシティ変化の影響をモデル化してリスクを軽減でき、システム容量または新規アプリケーションの追加といった計画的な変更や、予期せぬ停止、故障、または災害によるシステム障害などの影響をプロアクティブにモデル化することで、潜在的な業務やサービスの停止を回避できるようにする。更に、適時に適切なキャパシティ予測情報を提供でき、動的なVMware仮想環境の状態を把握し、それらの情報から将来的なリソースニーズを予測できるようにする。これにより、必要なサービスレベルを達成可能なキャパシティの維持を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027412


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ