レノボ、高解像度16:9ワイド画面を採用したノートPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、高解像度16:9ワイド画面を採用したノートPCを発売


掲載日:2009/10/21


News

 レノボ・ジャパン株式会社は、Windows 7を搭載し、高解像度16:9ワイド画面を採用したノートPC「ThinkPad SL410」/「ThinkPad SL510」を、10月22日より発売する。

 両製品とも、従来のモデルに比べ約10%軽量化されている。画面は、反射を軽減しながら明るく精彩な発色を際立たせ、ビジネスで使用する際はWeb会議やマルチメディアを効果的に使用したプレゼンテーションなどを高精細の画面で実行できる。また、マルチタッチ・タッチパッドにより、指先を使用してズームインやズームアウト、ピクチャの回転などの使用頻度が高い処理を実行できる。

 強化されたデジタル・マイクにより、更に明確で臨場感がある高品質な音声を提供できる。また、キーボードにマイクのミュートボタンを配し、操作性も向上させている。Intel High Definition Audioを搭載することで、音声機能に対応するだけでなく、アドイン・オーディオカードを優れたパフォーマンスで使用できる。オーディオを複数のチャネルへ出力できるほか、メインのオーディオ機能用に専用の帯域幅を確保させることで、ノイズやポッピングを防止できる。

 「SL510」は、Core 2 DuoプロセッサP8700、最大8GBのメモリ、最大500GBのHDDを搭載し、LED(発光ダイオード)バックライト付き15.6インチ高解像度液晶(1366×768ドット、1677万色、光沢あり)を採用している。オプションでATI Mobility Radeon 4570グラフィック・プロセッサを搭載できる。また、マルチタッチ・タッチパッドを標準搭載しているほか、DVDスーパーマルチ・ドライブ、またはオプションでBlu-rayドライブを搭載できる。バッテリ駆動時間は約4時間で、EPA(米国環境保護庁)のEnergy Star 5.0基準に準拠している。

 「SL410」は同社のWebサイト、“レノボ個人向けショッピング”のみでの販売となり、仕様はユーザが自由に選択できる。


出荷日・発売日 2009年10月22日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】 「モバイル端末」に関するアンケート調査 【株式会社日立システムズ】
ノートパソコン ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。 ギフト券3000円分が当たる★モバイル端末に関するアンケート

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027379


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ