大塚商会、既存ファイルサーバのデータ保護と業務継続を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


大塚商会、既存ファイルサーバのデータ保護と業務継続を支援


掲載日:2009/10/16


News

 株式会社大塚商会は、既存ファイルサーバのデータを保護し、業務継続を支援する「TWIN NAS Double-Takeハーフセット」を、10月19日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「TWIN NAS Double-Takeハーフセット」は、バックアップ用サーバの日本電気株式会社(NEC)のNAS製品「iStorage NS28P」と、Double-Take Softwareのバックアップソフト「Double-Take」2本、既存サーバの調査や導入設定作業などの導入支援サービスで構成されている(既存ファイルサーバは大塚商会のハードウェア保守加入が条件となる)。あらかじめ動作確認も行なわれている。

 リアルタイム複製によるデータ保護や、フェイルオーバ機能によるサーバ切り替えを行ない、障害直前までのデータ保護と早期の業務再開を支援する。また、既存ファイルサーバの資産を活用することで、データ移行などの費用も抑えられ、廉価で信頼性に優れたファイルサーバの環境を構築できる。


出荷日・発売日 2009年10月19日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

非構造化データを活用する際に欠かせないストレージの要件とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
急増する非構造化データに最適化――注目のストレージアーキテクチャを徹底解説 AIの活用はストレージの革新から始まる、そのワケは? 最大80%の圧縮効果も、オールフラッシュで基幹系コストを最適化 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027337


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ