NTTコムウェア、RFIDで来場者動線等を自動収集するサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTコムウェア、RFIDで来場者動線等を自動収集するサービス提供


掲載日:2009/10/16


News

 NTTコムウェア株式会社は、イベント会場などでの来場者の動線を自動収集し、CS(顧客満足度)向上や営業活動を支援する「RFID来場者動線分析サービス」の提供を、開始した。凸版印刷株式会社との販売協力により、セミナーやイベントの出展企業向けに営業展開される。

 「RFID来場者動線分析サービス」は、RFIDを利用し、イベント会場などでの来場者の動線や滞留状況を自動収集し、来場者の傾向分析を行なうためのレポートを提供するサービス。イベント会場などで、来場者がセミアクティブタグ(トリガーエリアに入った際に電波を発信し、タグIDとエリアIDを認識できる仕組みのRFIDタグ)を携行することで、会場に設置したRFID機器が、入退場時間記録やポイントごとの滞留時間の記録データを自動的に収集する。従来は困難だった来場者ごとの各製品に対する関心度を定量化でき、顧客満足度の向上を図る営業活動を支援するレポートが提供される。

 来場者に入退場の都度ICカードをかざすといった負担をかけずに、信頼性に優れたデータを収集できるほか、RFIDを導入するための、時間のかかる設置調整が不要で、期間限定イベントなどでの利用に適しており、1日からでも利用できる。来場者の会場内での動線を把握することで、来場者ごとに関心の高いコンテンツを把握でき、セミナーやイベントのフォロー活動を効果的に行なえるほか、セミナーごとの来場者数や滞留時間など、セミナーやイベントの効果を定量的に把握でき、フィードバックに利用できる。

 サービスには、会場に合わせた機器配置などの設計と、システムの事前設定、RFID機器類の設置調整、RFIDタグのレンタル、レポート作成、名刺情報入力作業(オプション)が含まれ、受け付け業務や、レポートを使用したマーケティング分析などの作業は含まない。

 なお、サービス利用価格(参考価格)は、会期1日・来場予定者数500人以下・1会場(入退場口が1つ)の場合で約94万円、会期2日・来場予定者数1000人以下・2会場(入退場口が2つ)の場合で約132万円(いずれも税込)となっており、イベントの規模に応じて廉価になる価格体系が採用されている。また、首都圏以遠の開催地の場合は別途交通費などの派遣費用が必要になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 【CA Technologies】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? 【CA Technologies】 PCI DSS準拠だけでは足りない、特権アクセス管理のセキュリティ強化法 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 外部/内部攻撃を共通点で阻止――攻撃サイクルの最重要「遮断ポイント」は? IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? PCIDSS準拠だけでは足りない、特権アクセス管理のセキュリティ強化法

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027326


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ