マジックアワー、不動産向けパノラマムービー作成ASPを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マジックアワー、不動産向けパノラマムービー作成ASPを提供


掲載日:2009/10/15


News

 株式会社マジックアワーは、不動産業向けに、物件紹介でパノラマ写真を表示できるパノラマ作成ASPサービス「IRISパノラマ版」の提供を、開始した。

 「IRISパノラマ版」は、パノラマ写真をアップロードすることで、高画質のパノラマムービーが作成できるASPサービス。一般的なコンパクトデジタルカメラや携帯電話(20機種に対応、順次追加予定)で撮影されたパノラマ写真を使用でき、1物件あたり月額約30円で作成・公開できるため、物件紹介に手軽にパノラマを掲載できる。

 また、ソフトのインストールや、特別な知識、サーバが不要で、迅速に物件紹介に臨場感のあるパノラマを追加してアピールできるほか、不動産物件紹介向け以外に、店舗紹介や、ホテル/旅館紹介、施設案内、観光地案内などでも利用できる。

 パノラマ画像と静止画を1つのプレイヤーにまとめて表示でき、混在していても連続した自動再生ができる。パノラマ画像と同時にテロップでの物件情報表示や間取り図が表示できるほか、人物イラストや写真によるアバター表示で親近感のある演出が可能になっている。

 Flash Playerで表示することで、閲覧環境を特定しないほか、プレイヤーデザインは28種類のテンプレート(順次追加予定)から選択でき、用途やイメージに合わせて選択できる。フルスクリーン表示にも対応している。

 更に、画像の色合い調整、縦スクロールパノラマ対応、広告禁止文字判定の各機能や、パノラマ上にリンクや情報表示の設定が可能となる“ホットスポット表示”、間取り図上に視点の向きや範囲を表示させる“スコープ表示”が追加される予定。

 なお価格は、パノラマ作成と、100物件(200MB)のパノラマプレイヤー保存、ユーザサポートを含み、月額利用料が2980円(税込)で、保存数追加やボリュームディスカウントも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

「IFRS9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 【SAS Institute Japan】 SEALS融資システム 【SCSK】 不動産仲介業の顧客コミュニケーションを変える「ダイレクトメール」活用法 【ピツニーボウズジャパン】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
「IFRS 9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
不動産仲介業の顧客コミュニケーションを変える「ダイレクトメール」活用法 全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027312


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ