インテック、金融機関向けCRMの携帯電話用オプション新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インテック、金融機関向けCRMの携帯電話用オプション新版を発売


掲載日:2009/10/13


News

 株式会社インテックは、金融機関向けCRMシステム「F3(エフキューブ)」の携帯電話ソリューション「F3 mobile」の新バージョンを、発売した。

 「F3」は、CRMシステムやSFA(Sales Force Automation)システム、コールセンタシステムなどで、業務機能の体系化と業務単位のコンポーネント化を行ない、合理的なシステム導入と拡張性を提供する金融機関向け総合情報系システム。「F3 mobile」は、「F3」における携帯電話を利用したオプション商品で、携帯電話から「F3」サーバに接続し、システムが保有している最新の顧客情報や取引状況の参照利用を可能とする。

 今回の新バージョンでは、インテックと、株式会社横浜銀行、株式会社NTTドコモ、株式会社NTTPCコミュニケーションズの4社共同で行なった実証実験に基づき、渉外業務を支援する新機能を追加している。実証実験プロジェクトでは、「F3」の顧客情報や取引情報、商品情報をドコモの携帯電話端末により高セキュリティ下で活用できる従来からの標準機能に加え、印影データの活用や、ローン商品の簡易計算機能など、渉外業務支援機能の実用性を横浜銀行と検討し、ドコモ/NTTPCの協力により機能実装した。

 店外での渉外業務支援としては、株式会社時事通信社により店舗のマーケットボードなどに配信される市況/ニュース情報や、株式/為替/金利といった相場数値情報をほぼリアルタイムに携帯電話端末で参照できるオプション機能が用意されている。これらのマーケット情報や、預かり資産など、顧客の取引状況が店外で把握可能となり、対面セールスにおける様々なニーズに対して的確な提案が可能となる。

 セキュリティ対策として、生体認証機能や遠隔での利用操作制限など携帯端末側のセキュリティ機能に加え、起動認証時に複数回失敗した場合のデータ消去機能や、利用時に一定時間無操作が続いたタイミングで内部データを削除する機能、平日夜間/休日のあらかじめ設定した時刻になると自動でデータを削除する機能などアプリケーション側でのセキュリティ機能も標準で装備している。また、渉外活動の日誌や面談記録は店外で登録可能となり、帰店後業務負担を軽減できる。


出荷日・発売日 2009年10月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027282


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ