NetIQ、OpenGLとSSHに対応したXサーバソフトをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NetIQ、OpenGLとSSHに対応したXサーバソフトをリリース


掲載日:2009/10/06


News

 NetIQ株式会社は、Windows/UNIX/Linux/MacデスクトップユーザがUNIXベースのグラフィックアプリケーションにリモート接続できるマルチプラットフォーム対応のXサーバソフトで、OpenGLに対応し、SSH(Secure SHell)機能を装備した「Attachmate Reflection X Advantageバージョン2.1」を、リリースした。

 「Reflection X Advantageバージョン2.1」では、Windows PCやMac OS Xワークステーション、LinuxワークステーションでGNOME/KDEデスクトップを表示でき、最新のLinuxデスクトップにアクセスできる。デスクトップセッションは、サスペンドやレジュームに加え、別のワークステーションへのシームレスな転送も行なえる。

 リモートサイトへのアクセスでは、フォールトトラレント(耐障害)機能により、ワークステーションのクラッシュやネットワーク障害が発生したことで一時中断したXセッションを回復できる。高遅延/低帯域幅ネットワーク環境での最適化機能も備え、リモートユーザはXアプリケーションに安全にアクセスできる。これらにより、性能の低下を気にせず、社内の基幹資産を利用者に提供できる。

 分散アーキテクチャ下で、Xアプリケーションの起動、サスペンド、レジューム、転送、共有を行なえ、オフィス内で開始したプロジェクトを別の場所にいる同僚と連携して進行するといった場合に、文書やアプリケーションユーザインターフェースをリアルタイムで共有するといったニーズに対応できる。

 米国連邦政府のセキュリティ標準の1つ“FIPS 140-2”に準拠した暗号モジュールを備え、最新のSSHおよびSSL/TLS(Transport Layer Security)暗号化機能が提供される。

 これらにより、利用者はオフィスでも外出先でも、場所を問わず業務を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027210


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ