NTTソフトウェアなど、“待ち呼”を点灯で通知する製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェアなど、“待ち呼”を点灯で通知する製品を発売


掲載日:2009/10/05


News

 NTTソフトウェア株式会社と株式会社ベルシステム24は、企業内コールセンタでオペレータの応対待ちになっている顧客(“待ち呼”)の状況を、パトランプを点灯させることで視覚的に即座に把握できるソリューション「CTBASE/SignalPro」を、発売した。

 「CTBASE/SignalPro」では、CTIミドルウェア「CTBASE」の技術を活用し、AVAYA社製PBXと、パトライト社製パトランプを連携させている。リアルタイムで待ち呼の数を監視し、待ち呼の発生と同時にパトランプを点灯できるため、管理者は即座に待ち呼の状況を把握でき、迅速に対処できる。

 コールセンタのグループごとに待ち呼の数を監視し、グループごとに設定した3段階のしきい値をそれぞれ超えるごとにパトランプを点灯させるなど、コールセンタの状況に合わせて運用できる。また、パトランプ点灯の条件も、設定画面で容易に設定できる。

 CTIを既に使用中のAVAYA PBXユーザであれば、PBXの入れ替えは不要で、パトランプとパトランプ連携サーバ(Windows Server 2003/Windows XPが動作するAT互換機)を追加することでシステムを構築でき、既存のPBX設備といった過去の設備投資を有効利用できる。

 なお価格は、新規導入ライセンス(パトランプ4本付属)が98万円、追加導入ライセンス(パトランプ1本付属)が15万円で、ハードウェアや導入費(製品環境構築費/利用トレーニング費など)は別途となっている。また、製品保守価格は年間12万円(新規導入ライセンス1セットのみの場合)となっている。


出荷日・発売日 2009年10月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027201


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ