アルファシステムズ、デュアルブート対応の授業支援ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アルファシステムズ、デュアルブート対応の授業支援ソフトを発売


掲載日:2009/10/05


News

 株式会社アルファシステムズは、大学、高専、小中高校といった教育機関向けに、WindowsとLinuxのデュアルブート環境に対応し、どちらのOS環境でも同一の機能を提供できる授業支援ソフトウェア「V-Class」を、発売した。

 「V-Class」では、Linuxの画面管理を行なえる。学生のPC画面を教師側に表示でき、学生のPCの遠隔操作や遠隔ロックを行なえる。学生のPC画面をスライドショーで表示できるほか、教師のPC画面を児童/生徒側に表示できる。メッセージも送信できる。画面管理系の機能は、ネットワーク上にある複数のデスクトップを、1つのPCで閲覧/操作できるオープンソースソフトウェア「MultiVNC」を呼び出すことで可能になっている。また、端末管理が可能で、一斉ログインや、電源の一斉オン/オフ/再起動を行なえる。2010年2月(予定)には、アプリケーションの起動制限や、出席管理を行なう機能がリリースされる。

 また、機能を必要最小限に絞りながら、使い勝手を追求している。Windows7や最新のLinuxディストリビューションにも対応している。なお価格は、サーバライセンス(教師PC用)が10万円、クライアントライセンス(学生PC用)が1万円となっている。

 また同社は、「V-Class」と連携可能な「MultiVNC」の新版「ver3.0.0」を、同時にリリースした。クライアントのWindows対応、品質の強化が行なわれている。


出荷日・発売日 2009年10月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027192


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ