IIJ、マネージドファイアウォールサービスをIPv6に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJ、マネージドファイアウォールサービスをIPv6に対応


掲載日:2009/10/05


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、ユーザの社内に設置したファイアウォール機器を同社の専門エンジニアがリモートから運用管理するサービス「IIJマネージドファイアウォールサービス」を、次世代インターネットプロトコル“IPv6”に対応させ、機能の提供を開始した。

 今回の機能提供により、1台のファイアウォールでIPv4とIPv6両方の通信を制御可能になる。ファイアウォールの設定はあらかじめ指定された情報に基づいて同社が行なうため、ユーザはネットワークや機器の変更作業は不要(一部の機種では機器の入れ替えが必要)で、容易にIPv6環境を構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

次世代クラウドセキュリティ対策ソリューション Gresシリーズ 【グレスアベイル】 標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは? 【ヴイエムウェア】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
次世代仮想化ファイアウォールや標的型攻撃対策サンドボックス、マルウェア解析サービスなど、高性能のセキュリティ製品をラインナップしたセキュリティトータルサービス。 標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは? 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027188


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ