NTT-AT、自宅PCのCD-ROM起動で社内PCを遠隔操作できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-AT、自宅PCのCD-ROM起動で社内PCを遠隔操作できる製品を発売


掲載日:2009/10/02


News

 NTTアドバンステクノロジ株式会社(NTT-AT)は、自宅PCをCD-ROMから起動することで、インターネット経由でオフィス内にあるPCを遠隔操作し、出社しているのと同様にPC業務を行なえる、新型インフルエンザのパンデミック対策にも有効な在宅勤務シンクライアントソリューション「WarpDesk」を、発売した。

 「WarpDesk」は、Linuxをベースとした専用OSと、ドライバ、クライアントソフトウェアを組み込んだCD-ROMデバイス。同CD-ROMから起動することで、自宅などのPCを安全なシンクライアント端末として、オフィスのネットワークに接続できる。その際、在宅勤務者の起動側PCのHDDを一時的に無効化し、データを蓄積できないHDDレス構成にするため、自宅PCがウイルスに感染していたとしても、社内システムなどへの影響を防止できる。また、操作したデータを起動PCには残さないため、情報漏洩などを防止でき、安全にオフィスと同様の作業を行なえる。専用OSは、128ビットの暗号化で通信の秘匿性を確保している。スタートアップも迅速で、リモート接続完了まで60秒程度と、急ぎの作業にもストレスなく対応できる。

 在宅勤務候補者それぞれにCD-ROMを用意し、必要になった社員(会社が許可した社員)にのみアクティベートできるため、経済的に運用できる。また、普段自宅で使用しているPCやネットワーク環境をそのまま利用できるため、追加設備が抑えられ、運用/管理も容易でシステム管理者の負担も抑えられる。

 管理者用には、生体認証(指紋)を組み込み、無線LAN機能やICタグなどに対応したカスタマイズ可能なUSBデバイス版「WarpDesk Plus」が提供される。


出荷日・発売日 2009年10月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】 HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】
シンクライアント シンクライアント
川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027176


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ