日本HP、開発者向けデスクトップビデオ会議ソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、開発者向けデスクトップビデオ会議ソリューションを発売


掲載日:2009/09/29


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、大容量データの共有も可能な、開発者向けデスクトップビデオ会議ソリューション「HP SkyRoom」を、10月15日より発売する。

 「HP SkyRoom」は、専用回線不要で既存LAN環境で利用できるため、廉価に導入できる。同社のイメージエンジンによって3D(3次元)画像や動画など大容量のデータの共有もスムーズに行なえる。また、専用端末不要で、汎用性に優れたワークステーション(10月現在の対象機種:「HP xw4600」/「HP Z400」/「HP Z600」/「HP Z800」)で動作するため、効率的/容易に活用できる。

 設計開発者・デザイナー・技術者・医療関係者など、設計図や製品の詳細部分を確認しながら会議を行なうといったニーズに対応できる。1拠点あたり最大解像度960×720ドット/毎秒約15フレームで、最大4拠点の接続に対応する。また、ネットワークの状況や用途に応じて、最小160×120ドットの低解像度に変更することもできる。

 デスクトップ共有ツールを備えており、各出席者のデスクトップに、共通のスクリーンイメージを転送できる。転送データは、同社の圧縮技術“HP3テクノロジー”を採用したことで優れた圧縮率/圧縮速度でエンコードされるため、3D CAD図面や動画など容量の大きいデータもスムーズに表示でき、遠隔地から行なう業務アプリケーションのトレーニングや、サポート業務にも適している。

 アイコンをクリックすることでデスクトップ画面を会議出席者とリアルタイムに共有できるなど、直感的なインターフェースを備えている。また、Jabberベースのサーバ(Ejabberd、Google Talk、Jabber XCP)やMicrosoft Office Communicatorを連携して使用することで、メンバーの接続状況を容易に確認できる。

 なお価格は、「HP SkyRoom ソフトウェア」が1万7000円、同ソフト使用時の必須のオプション「HP SkyRoom専用ハードウェアキット」(Webカメラ+ヘッドセットオプション)が1万円となっている。また、10月上旬以降に同社昭島工場で製造したワークステーション製品(「HP xw4600」/「HP Z400」/「HP Z600」/「HP Z800」)にソフトウェアを無償でバンドルして発売する。


出荷日・発売日 2009年10月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

シスコビデオ会議ソリューション 【エイチ・シー・ネットワークス】 ポリコムHDビデオ会議ソリューション 【エイチ・シー・ネットワークス】 「Skype for Business」活用の鍵、快適なユーザー体験を提供する方法は? 【ポリコムジャパン】 Skype for Businessと既存のビデオ会議端末を連携、共同作業の効果を高める秘訣 【ポリコムジャパン】 京都府の若手職員による新たな挑戦、ジブンゴトとしての働き方改革とは 【シスコシステムズ】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
シスコのビデオ会議に関するソリューションを提供。 HDビデオ会議システムと、多地点会議管理アプライアンスConference@Adapter(R)(カンファレンス・アダプタ)により、ビデオ会議の運営管理を容易にするソリューション。 「Skype for Business」活用の鍵、快適なユーザー体験を提供する方法は? Skype for Businessと既存のビデオ会議端末を連携、共同作業の効果を高める秘訣 保守的で新規取り組みに消極的とみられがちな自治体。だが京都府は若手を中心にITツールの普及啓発などジブンゴトとして働き方改革を推進した。変革の波はどう起きたのか。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027133


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ