EPSON、大判インクジェットプリンタの速度と使い勝手などを向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EPSON、大判インクジェットプリンタの速度と使い勝手などを向上


掲載日:2009/09/25


News

 エプソン販売株式会社は、大判インクジェットプリンタ「MAXART」シリーズで、印刷速度と使い勝手の向上、印刷ワークフローの高速化を図ったB0プラス対応モデル「PX-F10000」とA1プラス対応モデル「PX-F8000」を、10月8日より発売する。価格は、それぞれ59万8000円/29万8000円となっている。

 両モデルとも、印刷準備工程で、ロール紙スピンドルを排除したことで用紙交換や用紙セットの手間を効率化できるほか、大きく明るいカラー液晶パネルにより視認性が向上しており、設定ミスや印刷エラーを軽減できる。また、360dpiの高密度化ノズルを採用し、1秒間にノズルあたり4万のインクを吐出でき、印刷が高速化されている。“自動ノズルチェックシステム”によりドット抜けを迅速に検出し、自動ヘッドクリーニングを行なって、印刷ミスを防止できる。印刷後工程では、耐久性とカット速度に優れたロータリーカッターを搭載し、様々な種類の用紙を迅速に自動でカットできる。

 耐水性と耐光性に優れた“PX-P顔料インク”を全色に採用しており、ポスター/POPなどの紙製メディアへの印刷に加え、のぼり(ポンジクロス)や電飾看板(バックライトフィルム)など様々なメディアに印刷でき、鮮やかさの持続性に優れている。更に、ビビッドマゼンタインクの採用により“金赤”に近い赤色を出力できる。700mlの“大容量インクカートリッジ”も用意されている。

 プリンタドライバも改良され、“ポスターレイアウト”機能によりWord/Excelなどのアプリケーションで作成した印刷データを大判サイズで容易に印刷できるほか、複数の印刷データを自由にレイアウトして、ポスターや展示資料を作成できる。オプションソフトウェアとして、アドビ純正のポストスクリプト3を搭載したRIPソフト「CPSソフトリッパーLite2」(11月上旬発売予定)や、最長15mの横断幕や垂れ幕などを容易に作成できる「長尺FACTORY」、チラシや小さな写真をコピー感覚で容易に大判ポスターにできる「EPSON COPYFACTORY5」などが用意されている。

 用途別にデータ作成から印刷までを包括的に支援するセットモデル「ポスター作成セットモデル」/「拡大コピー・長尺セットモデル」/「のぼり作成セットモデル」/「CADセットモデル」も用意されている。なお同社は、A1プラス対応の従来モデル「PX-7550S」を、22万8000円に値下げした。


出荷日・発売日 2009年10月8日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027111


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ