日本HP、NAS製品のラインアップを拡充、計4製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、NAS製品のラインアップを拡充、計4製品を出荷


掲載日:2009/09/24


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ビジネス規模やデータ量の拡大に合わせて柔軟に拡張でき、適切な投資でストレージ環境を構築できるよう、NAS製品のラインアップを拡充し、計4製品を、10月上旬より出荷する。

 今回出荷されるのは、エンタープライズ向けNAS「HP StorageWorks X5500 Network Storage Gateway」/「HP StorageWorks 4400 Scalable NAS File Services」、エントリー向けNAS「HP StorageWorks X3410/3420/3820 Network Storage System」/「HP StorageWorks X1800 Network Storage System」の4製品。

 「HP StorageWorks X5500」は、ファイル・アクセスを制御するNASヘッドとディスクアレイ(別売)を組み合わせて利用する、ゲートウェイ型のファイルサービス製品。NASヘッドにXeonプロセッサ5500番台搭載サーバを採用している。必要なデータアクセス性能に応じて2〜16ノードまで拡張でき、ディスクアレイとの組み合わせで単一のファイルシステムとして運用できる。また、ノードを問わず同じデータにアクセスでき、障害時には他のノードに処理を引き継ぎ、サービスを継続できる。ノードとディスクアレイを別々にオンラインで追加できるため、投資効率を最適化できる。

 「HP StorageWorks 4400 NAS」は、「X5500」2ノードと、ディスクアレイ「HP StorageWorks EVA4400」を組み合わせたパッケージ製品。機器構成と環境設定は完了済で出荷される。ストレージ容量はオプションのEVA用HDDを組み合わせることで柔軟に拡張でき、信頼性に優れたファイルサービスを構築できる。

 「HP StorageWorks X3410/3420/3820」は、エントリーレベルのNAS製品。NASヘッドとディスクアレイを組み合わせたパッケージ製品で、用途に合わせて容易にActive/Standby型の高可用性ファイルサービスを導入できる。「X3410」はベースモデル。「X3420/X3820」はクラスタ構成のパッケージ製品で、デュアルコントローラ構成がバンドルされ、「X3820」はファイバチャネル接続に対応している。

 「HP StorageWorks X1800」は、中小規模環境向けのファイルサーバや統合ストレージシステムに適したモデル。ストレージ管理を容易に行なえる管理ツールを搭載している。今回292GBの最小構成モデルが投入され、購入時の構成の自由度が向上しており、より柔軟で拡張性に優れたNASソリューションが提供される。


出荷日・発売日 2009年10月上旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項 【日本ヒューレット・パッカード】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 非構造化データを活用する際に欠かせないストレージの要件とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る データ分析用ストレージ、フラッシュタイプを選択する際に気をつけたいこと Yahoo JAPANの挑戦に学ぶ、大容量データのバックアップ手法

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027073


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ