ジャスミンソフト、インフルエンザ対策支援システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャスミンソフト、インフルエンザ対策支援システムを提供


掲載日:2009/09/24


News

 株式会社ジャスミンソフトは、企業向けインフルエンザ対策支援システムを、提供する。

 今回提供されるシステムは、社員の健康状態の把握や、罹患時の業務を滞りなく進めるためのBCP(事業継続)対策を考慮したスケジュール管理、罹患時に自宅から業務を行なうことを支援するためのファイル共有をパッケージ化したWebアプリケーション。同社のWebサイトからダウンロードでき、無償版では同時に最大10名の利用(ログオン)が可能となっている。10名以上の規模で利用する場合や、メールサポートを希望するユーザ向けには、別途有償版が提供される。

 社員の健康状況把握では、体調報告と家族の罹患状況報告を入力でき、メール送信機能により登録データを管理者へ送信することができる。スケジュール管理では、緊急時の対応方法や、引き継ぎ予定者、引き継ぎの注意点といった入力項目が用意されている。管理者は、引き継ぎ予定者が未設定の業務を検索し、一覧表示で確認することができる。

 ファイル共有では、メールに添付できないサイズのファイルを共有するために、内部で閉じたファイル共有システムを利用することができる。このほか、マスクや消毒剤をいつ購入し、どこに配置したかなどを管理できる備品管理や、日付別/部門別インフルエンザ罹患者の集計といった機能も提供される。運用支援機能としては、CSV(カンマ区切り形式)ファイルのアップロードによる一括登録も可能な社員/部署の管理や、操作ログを記録できるシステムログ管理、バックアップ/リストアといった機能を備えている。

 同社のWebアプリケーション自動生成ソフト「Wagby」で開発されており、ユーザは「Wagby」を導入することによりプログラミング不要で拡張することができる。また、カスタマイズの受託開発にも対応する。なお有償版の価格は、1接続あたりの年間利用料が6300円などとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

印刷イメージログ監視システム 「PrintInsight」 【ギガ+他】 Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 統合ログ管理「LogRevi(ログレビ)」 【インテック】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
印刷された文書の情報をすべて取得、保管し、その情報を把握・分析することで、印刷物からの情報漏洩を効果的に抑止する、紙媒体に特化したセキュリティソリューション。 企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどの様々な変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 ログの種類をいくつ増やしても追加ライセンス不要!様々なログの取り込み実績あり!
大量のログ保管、高速検索、自動レポーティング!突合せ作業の自動化も実現。
・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027072


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ