dit、暗号化通信を監視/監査するためのアプライアンスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、暗号化通信を監視/監査するためのアプライアンスを発売


掲載日:2009/09/18


News

 株式会社ディアイティは、データセンタ事業者/システムマネジメント事業者/ASP事業者や、企業/官公庁のIT管理部門向けに、フィンランドのSSHコミュニケーションズ・セキュリティ社が開発した暗号化通信を監視/監査するためのアプライアンス「SSH Tectia Guardian」を、10月1日より発売する。

 「SSH Tectia Guardian」は、クライアント/サーバ間のエンド・ツー・エンド通信データの暗号化や完全性を維持しながら、SSH(Secure SHell)やRDP(Remote Desktop Protocol)を利用した悪意あるアクセスへの対抗手段と説明責任の問題に対処し、最新のセキュリティ基準に対応する情報通信の監査証跡取得に適したソリューション。SSHやRDPを利用した暗号通信で、コマンド実行や詳細なファイル操作まで含めたログを取得できる。取得したログはインデックス化して保管するため、迅速に検索できる。また、十分なディスクスペースを確保しており、50人分のSSHを利用したリモートアクセスのアクティビティを、約1年間分(24時間×365日)保管できる。

 フォレンジック(鑑識)に対応するため、“4eyesポリシー”を採用し、責任者2名が同時に許可した場合のみログデータを閲覧できる。ログデータは暗号化され、署名された状態で保存されるので、優れたセキュリティを維持できる。“4eyesポリシー”は、サーバの設定変更や操作ログ閲覧にも適用される。また、システム管理者と、同アプライアンスのログを閲覧可能な責任者を分離しているほか、運用サーバから独立したログシステムであるため、より優れたセキュリティを維持できる。これらにより、信頼性に優れた監査証跡データを提供できるほか、必要に応じて保管されたSSH/RDP/Telnet操作を動画として再生できるため、迅速な解析と早期の問題解決を支援する。

 既存資産と連携することで、暗号化通信を利用した不正リモートアクセスの脅威を低減できる。SSHでトンネル化された通信をIDS(Intrusion Detection System)に転送することで不正侵入を検知したり、パケット解析用のフォーマットでエクスポートしたデータをオフラインで詳細に解析することもできる。なお価格は、980万円から(本体と25サーバ接続ライセンス含む)となっている。


出荷日・発売日 2009年10月1日 発売
価格 980万円〜(本体と25サーバ接続ライセンス含む)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

nShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
鍵のライフサイクル管理と暗号処理。信頼の要となる鍵をソフトウエアから分離して強力に保護することが可能。HSMの導入、強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027055


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ