ASUS、HSUPA対応の無線WAN機能を搭載したネットブックを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ASUS、HSUPA対応の無線WAN機能を搭載したネットブックを発売


掲載日:2009/09/18


News

 ASUSTeK Computer Inc.(ASUS)は、通信高速化規格“HSUPA”(High-Speed Uplink Packet Access)対応の無線WAN機能を搭載したネットブック「Eee PC 1005HAG」を、9月19日(予定)より発売する。価格は、5万2800円となっている。

 「Eee PC 1005HAG」では、電話機やデータ通信カードを接続せずにインターネットに接続できる、株式会社NTTドコモのデータ通信サービス「FOMAハイスピード」に接続でき、HSUPAを利用することで受信時最大7.2Mbps/送信時最大5.7Mbps(いずれもベストエフォート)を達成した無線WAN機能を搭載している(利用するには別途NTTドコモとの回線契約などが必要)。データ通信カードなどが飛び出さないため、カバンにスッキリ収納でき、機動性に優れているほか、データ通信カードの紛失や盗難も回避できる。また、無線LAN機能はIEEE802.11b/gとIEEE802.11n(Draft 2.0)に対応し、Bluetooth機能も標準装備するなど、優れたモビリティ性能を提供する。

 突起部を除き幅262mm×奥行き178mm×高さ25.9mm(最厚部36.5mm)/重さ約1.35kg(いずれもバッテリ装着時)と薄型/軽量ながら、同社の省電力技術“Super Hybrid Engine”により、バッテリ駆動時間は最長約9.6時間を達成している。HDD容量は160GBで、様々なアプリケーションや動画、写真などを保存できる。また、Microsoft Officeとの互換性を備えたSun Microsystems社の「StarSuite 8」を標準搭載しており、Word/Excel/PowerPointなどのビジネス文書やファイルを閲覧/編集できるため、特別なソフトウェアを追加せずに、直ちにビジネスに活用できる。直感的に各種デジタルコンテンツや各種ツールにアクセスできる“Eee Docking”機能も装備している。

 貝殻にインスパイアされたEee PC Seashellシリーズのデザインを採用している。画面は解像度WSVGA(1024×600ドット)の10.1インチワイドのグレアパネルで、キーピッチ17.5mmのキーボードは人間工学に基づいて設計されている。また、パームレストとシームレスになったタッチパッドは“マルチタッチ”に対応しており、ジェスチャーのみでズームイン・ズームアウトやスクロールを行なえ、操作性に優れている。なお本体色は、パールホワイト/クリスタルブラックが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 5万2800円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027052


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ