レノボ、性能/容量に優れ環境にも配慮したタワー型サーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、性能/容量に優れ環境にも配慮したタワー型サーバを発売


掲載日:2009/09/17


News

 レノボ・ジャパン株式会社は、仮想化に対応し、性能/容量に優れ、環境にも配慮した、中・小規模企業向けのタワー型サーバ「ThinkServer TD200/TD200x」を、発売した。

 両サーバとも、Xeonプロセッサ5500番台を搭載しているほか、7つのUSBポートを搭載しており、将来に向けて優れた拡張性を求めるユーザに適している。全モデルにデータ保護機能(RAID)が標準装備されているため、HDDが故障した際のデータ損失を回避できる。RDXテープストレージも備えているため、容易にデータバックをアップできる。また、Microsoft/VMWare/Novell/Red Hatなどの仮想化ソリューションに対応している。

 Webインターフェースを通じて“常時接続”状態で遠隔からのサーバ管理を支援するシステム管理機能“IMM”(Integrated Management Module)を搭載しており、時間や場所を問わず、サーバに障害が発生した場合や電源がオフの状態でも、リモートでアクセスして管理できる。また、指定モデルに搭載(「TD200」では搭載予定)の“IMM Premium”では、“IMM”の機能に加え、KVM(Keyboard/Video/Mouse操作)、ローカルディスクやドライブのサーバへのアタッチ、OS障害スクリーンのキャプチャなどをリモートから行なえる。

 環境性能では、ワット数を抑えたプロセッサやメモリ・オプションが提供されるほか、HDDが小型化されている。全製品が特定有害物質の使用制限に関するEUの“RoHS”指令に準拠しており、米国環境保護庁のEnergy Star for Computer Servers 1.0にも対応している。

 「TD200」は、XeonプロセッサE5502またはE5540を搭載し、DDR3メモリを最大96GB(今後リリース予定の8GBメモリ使用時)搭載できる。4TBまでのストレージを搭載でき、将来的な事業の拡張を考慮している中規模企業での利用に適している。

 「TD200x」は、XeonプロセッサE5502/E5520/E5530を搭載でき、DDR3メモリを最大128GB(今後リリース予定の8GBメモリ使用時)搭載できる。4.8TBまでのストレージを搭載でき、仮想化/DB/メールなどのアプリケーションを優れたパフォーマンスで利用できるため、中規模企業でより高い負荷が求められる用途に適している。


出荷日・発売日 2009年9月15日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】 監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート 記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027031


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ