提携:トランスウエアなど、グループウェアとWebメールを連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:トランスウエアなど、グループウェアとWebメールを連携


掲載日:2009/09/16


News

 株式会社トランスウエアとジービーアール株式会社(GBR)、ディサークル株式会社は提携し、ディサークルのポータル型ワークフローシステム「POWER EGG」とトランスウエアのビジネスWebメール「Active! mail 6」の連携ソリューション「Active! mail for POWER EGG」を、提供する。

 「POWER EGG」は、グループウェアとワークフローを標準装備し、基幹業務システムとの連携拡張性を備えたパッケージソフトウェア。「Active! mail」は、様々なUNIXサーバに対応したWebメールパッケージ。4ヵ国語のインターフェースを備え、多言語の同時表示なども可能で、迷惑メール対策機能を標準装備し、SSL暗号化などのセキュリティ対策も行なわれている。

 今回提供される「Active! mail for POWER EGG」では、「POWER EGG」のWebメールアイコンまたはメール一覧のアカウントからクリック操作で「Active! mail」へシングルサインオンでき、「POWER EGG」からシームレスに「Active! mail 6」の機能を使用できる。1人で最大4つのメールアカウントを管理できる。「POWER EGG」上でPOP受信を判別でき、宛先(To)なのかCc(Bcc含む)なのかを判別できるほか、「POWER EGG」上のメール一覧で添付ファイルの参照も行なえる。既読にしたメールは一覧から削除される(未読/既読の表示も可能)。返信/全員返信/転送などは「Active! mail 6」を起動せずに行なえる。

 ホスティング環境でも使用できる。なお、連携モジュールは「POWER EGG」開発元のGBRより提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

「サイボウズ Office 10」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 Office365導入支援サービス 【マイクロメイツ】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」上で、データベースとして活用できる機能。 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 ナレッジを生かした多彩なサービスメニューにより、Office365および関連製品の導入を支援。マニュアルや教育コンテンツの作成、教育・サポートといった定着支援に強み。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027028


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ