日立ソフト、ITシステム障害原因分析パッケージを機能強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、ITシステム障害原因分析パッケージを機能強化


掲載日:2009/09/16


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、ITシステム障害原因分析パッケージ「RevenueMax Ecsia」の機能を強化し、出荷した。

 「RevenueMax Ecsia」は、障害原因解析機能と障害ナレッジ検索機能を提供し、障害復旧までの時間短縮を可能とする製品。ITシステムの障害による機会損失やビジネスへの影響を軽減し、システム運用に掛かるコストの低減を図ることができる。

 今回の機能強化では、障害イベントが発生した際に、メールでの通知機能を持つ複数の運用監視システムからイベント情報をメール経由で取得し、原因解析を行なう連携アダプタ「RevenueMax Ecsia Mail/Adapter」が提供される。これにより、従来より連携していた株式会社日立製作所の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」に加え、対象となる監視システムの範囲が拡大した。

 障害原因解析機能では、過去の障害との相関をチェックし、完全に一致するものがなくても類似の障害情報が提供される。発生した障害イベントとの類似判定をするための推測ルールも設定可能となっている。また、障害ナレッジ検索機能は、散在する過去の障害対応情報を収集/蓄積し、検索することができる。過去の障害に紐付けられたナレッジを、障害原因解析と連携して提供する。


出荷日・発売日 2009年9月16日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日立ソフトウェアエンジニアリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ナレッジマネジメント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ナレッジマネジメント」関連情報をランダムに表示しています。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027025


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ