エイコット、BI指向のデータ管理ソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エイコット、BI指向のデータ管理ソフトの新版を発売


掲載日:2009/09/16


News

 株式会社エイコットは、SQLなどデータ検索の専門的な知識がなくても、“仮想フォルダ”によって高度なデータ検索が可能な、BI指向のデータ管理ソフト「PowerFolder Version2.0」を、発売した。

 「PowerFolder」は、“条件フォルダ”/“見出しフォルダ”/“列挙フォルダ”の3種類の仮想フォルダを組み合わせることで、表形式のデータを検索/整理/分類できるデータ管理ソフト。操作性に配慮したグラフィカルな仕様を採用しているほか、画面設計や帳票設計、集計、グラフ、組み込み関数、表の関連付け、アクセス制御などの機能も備えている。

 今回発売された「Version2.0」では、グラフ表示への切り替えタグをクリックすることでグラフを表示できるなどの機能強化が行なわれており、従来モデルと比べ、より容易に可視化が可能となった。また、表、フォルダ、レコードの単位で所有者、グループ、管理者のレベルできめ細かなアクセス制御が可能となり、階層的なセキュリティを確保可能となっている。

 数値演算、日付関連、文字列操作、他表へのアクセスなどの組み込み関数群が強化されたほか、カラム間の演算や組み込み関数を使用してアプリケーションをより容易に構築するための環境が強化されている。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? 【日本アイ・ビーエム】 定着の難しいBIツール、どのように導入すれば全社・全店舗で活用できるのか? 【ジャストシステム】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】
BI BI BI BI BI
10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? 定着の難しいBIツール、どのように導入すれば全社・全店舗で活用できるのか? 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20027013


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ