オレンジソフト、メール誤送信対策機器の性能を向上、新ソフトも

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オレンジソフト、メール誤送信対策機器の性能を向上、新ソフトも


掲載日:2009/09/15


News

 株式会社オレンジソフトは、添付ファイルの暗号化をメールサーバ側で行なうメール誤送信対策アプライアンス「BRODIAEA safeAttach」シリーズで、メール配送性能が向上した新モデル「BRODIAEA safeAttach HX2」を、発売した。価格は、300万円(保守料別)となっている。

 「BRODIAEA safeAttach」シリーズは、メールの添付ファイルを自動的にパスワード付きZIPファイルに変換するなどの機能を備えている。今回の新モデルは、ハイエンドモデル「BRODIAEA safeAttach HA」の後継モデルで、1u(高さ44.45mm)ラックマウント型。HDD容量が1TBに、メモリ容量が8GBに拡大されたほか、CPUはクアッドコアXeonプロセッサ5500番台を2基搭載し、旧モデルに比べメール配送性能が最大2倍に向上した。これにより、サーバ台数を削減でき、導入コストを低減できる。

 12月には、同シリーズのシステムソフトウェアが「V2.0」にバージョンアップされる予定。従来の添付ファイルの暗号化機能に加え、メール本文の暗号化にも対応し、メール本文に含まれる機密情報の漏洩対策も可能になるほか、ZIP形式に比べ暗号強度に優れたAES(Advanced Encryption Standard)256ビットに対応する。また、本来Bccに記述するメールアドレスを誤ってTo/Ccに記述することでメールアドレスが漏洩するというトラブルに対応するために、To/Ccのメールアドレスを強制的にBccに変換する機能を搭載し、設定ミスによるメールアドレス情報の漏洩を回避できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 「BRODIAEA safeAttach HX2」:300万円(保守料別)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026995


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ