キヤノン、A3対応のビジネス向けインクジェットプリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、A3対応のビジネス向けインクジェットプリンタを発売


掲載日:2009/09/09


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、A3対応のビジネス向けインクジェットプリンタ「PIXUS iX7000」を、9月中旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「PIXUS iX7000」は、普通紙に印刷した際のインクの定着性と発色性を向上させるキヤノンの技術“PgR(Pigment Reaction)”を搭載したインクジェットプリンタ。普通紙の表面全体に塗布するクリアインクと、耐候性や耐水性に優れた5色の顔料インク“LUCIA”を使用することで、普通紙に、文字の輪郭のにじみを抑え鮮明なテキストと、発色性/精細性に優れた写真を印刷できる。また、印刷速度/画質を両立させた高密度プリントヘッド技術“FINE”をベースにしたことで、L判フチなし写真を約38秒(ドライバの初期設定モードで印刷した場合)、A4カラー原稿を約8.1ipm(ipm:images per minute、片面印刷ESATの平均値)で印刷できる。

 A3サイズまでの普通紙やA3ノビサイズまでの写真用紙・ファインアート紙など、様々な用紙に対応しているほか、普通紙を250枚まで積載できる前面給紙カセットや、手差し給紙/写真用紙などに対応した後トレイを装備している。また、普通紙の表と裏に自動的に印刷する“自動両面プリント”機能がA3サイズまで対応可能になったほか、有線LANにも標準で対応しており、ビジネスシーンに適した様々な機能を搭載している。専用Webサイトでは、提案書などのビジネス文書やポスター、チラシなど、様々な業種や業態で利用できる「iX7000」専用の様々なテンプレートが用意されており、ダウンロードして利用できる。

 同梱のソフトウェア「Easy-PhotoPrint EX」からの印刷時に、撮影した写真画像に対して顔検出とシーン解析を行ない、その結果に応じて自動的に適切な補正・加工を行なう自動写真補正機能を更に強化した“自動写真補正II”を搭載している。画像の露出状態をエリア別に解析して、暗い部分を適正な明るさに補正する“エリア別明るさ補正”機能が追加されており、逆光で暗くなった被写体のみを明るくして、背景は撮影時の明るさのまま、という写真印刷を行なえる。また、Internet Explorer 7/8(32ビット)対応のプラグインソフトウェア「Easy-WebPrint EX」を利用することで、Webページの主要な部分のみを自動的に選択して切り抜いたり、複数のページから必要な部分のみを収集/レイアウトして印刷できる。


出荷日・発売日 2009年9月中旬 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026936


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ