提携:カゴヤなど、専用サーバなどを利用したファイル転送を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:カゴヤなど、専用サーバなどを利用したファイル転送を提供


掲載日:2009/09/09


News

 カゴヤ・ジャパン株式会社は、株式会社クレアリンクテクノロジーと協業し、専用サーバとインターネット回線を利用した“セキュアファイル転送システム”「デジ急便/DigiveryエンタープライズiDCプラン」の提供を、開始した。価格は、月額4万950円(税込)からとなっている。

 「デジ急便/エンタープライズ iDCプラン」は、初期構築/導入が不要なホスティングサービスで、品質に優れた回線とユーザ専用のサーバ、URLを提供し、機密/大容量データに対応したデータ転送サービス。オプション(順次提供開始予定)として、セキュリティ強化やデザインカスタマイズ、送受信ファイルや履歴/ログのアーカイブなどが用意されており、各種セキュリティ対策や、海外との効率的なデータ配送などにより、コスト削減を支援する。

 “セキュア高速エンジン”を搭載しており、HTTP通信の多重化や自動的なデータ圧縮などにより転送が高速化されているほか、送受信者間でサーバ保管時も含めた暗号化が行なわれており、一般に暗号通信に使用されるSSLに比べ安全性を向上させている。一部プランではユーザ電子証明書発行機能も搭載しており、管理者の負担や追加コスト不要でユーザ電子証明書を利用でき、パスワード設定や利用者への教育の手間を削減しながら、より強固なデータ暗号化を提供する。また、グループ単位で送受信制限やアドレス帳制限管理(一部プラン)、暗号利用の有無などの利用方法をポリシー設定により柔軟に変更でき、セキュリティリスクや設定漏れなどの管理上のセキュリティリスクを抑えて、簡便/安全なファイル送受信環境を提供できる。

 これらにより、“メール添付での情報漏洩リスクを低減したい”/“確実なファイルの受け渡しを行ないたい”という企業で、個人情報や会計データなどの小容量の機密データから3次元設計データなどの大容量機密データの転送に活用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額:4万950円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 HDD暗号化ソリューション「SecureDoc マネージドサービス」 【NECキャピタルソリューション】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 クラウド時代を先取りした“HDD暗号化サービス”の絶大効果とは マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026930


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ