ミラクル・リナックス、LinuxサーバOSを対応ハード拡充等で強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ミラクル・リナックス、LinuxサーバOSを対応ハード拡充等で強化


掲載日:2009/09/09


News

 ミラクル・リナックス株式会社は、LinuxサーバOSの機能強化版「Asianux Server 3 ==MIRACLE LINUX V5 SP2」を、9月11日より提供する。価格は、3万7800円(税込)からとなっている。

 今回の機能強化版では、Xeonプロセッサ5500番台やCore i7に正式対応したほか、AMD Opteron(コードネーム“Shanghai”)など対応ハードウェアが拡充されている。また、監査ログを残す機能“Audit BASH”(サポートを利用するには別途サポート契約が必要)が追加され、監査機能が強化されたほか、同梱のオープンソース統合監視ソフトウェア「ZABBIX」が「1.6.4」にバージョンアップしたことで、ホストOSから、仮想化されたOSのリソースの使用状況や電源の状態なども監視可能になり、クラウド・コンピューティング環境のシステム全体を一元的に監視可能になった。


出荷日・発売日 −−−
価格 3万7800円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026926


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ