日立ビジネス、リモートアクセスをvProに対応、小画面対応も強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ビジネス、リモートアクセスをvProに対応、小画面対応も強化


掲載日:2009/09/08


News

 日立ビジネスソリューション株式会社は、リモートアクセスシステム「DoMobile CSE」で、インテルvProテクノロジーと連携してオフィス内PCの遠隔電源管理を行なえるほか、UMPC(Ultra Mobile PC)/ネットブックに対応した画面表示機能も強化した「DoMobile CSE Ver.2.7」を、9月25日より出荷する。

 「DoMobile CSE」は、ノートPCや携帯電話/スマートフォンなどのモバイル機器を利用して、外出先からインターネットを介してオフィス内のPCへ安全にリモートアクセスできるシステム。自席のPCを使用する時のみリモートから電源をオンにできる“リモートパワーオン”機能をオプションで提供してきたが、Wake On LANを利用していたため、“起動対象PCと同一LANセグメントに常時起動のコンピュータが必要”/“フリーズなど無応答状態となったPCの電源再投入は不可”といった制約があった。今回のバージョンでは、インテルvProテクノロジーに対応したことで、この制約を回避することができた。

 UMPCやネットブックの小さな画面での操作性/視認性の向上を図り、自席PCの画面の一部分を拡大表示してスクロールできる“最適表示”モードを追加したほか、スクロールバーの表示を廃止し、マウスの移動方向を検出して表示領域を自動的に移動させる“自動画面スクロール”に対応し、表示領域の確保を図っている。


出荷日・発売日 2009年9月25日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「リモートアクセス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リモートアクセス」関連情報をランダムに表示しています。

「リモートアクセス」関連の製品

法人向けリモートアクセスサービス CACHATTO(カチャット) 【ソフトバンク コマース&サービス】 遠隔データ消去 クラウドサービス 「TRUST DELETE Biz」 【ソフトバンク コマース&サービス】 リモートデスクトップサービス 「Soliton SecureDesktop サービス」 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド型リモートデスクトップソフト 「Splashtop Business」 【ソフトバンク コマース&サービス】 リモートデスクトップサービス 「AnyClutch Remote」 【ソフトバンク コマース&サービス】
リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス
高水準のセキュリティ機能を実装しながらも、利便性の高いリモートアクセスサービス。社内システムに「CACHATTOサーバ」を「カチャっと」つなぐだけで、すぐに利用可能。 盗難・紛失したモバイルPC・タブレットのデータを遠隔消去できるクラウドサービス。ロック機能や位置情報取得機能なども装備し、情報漏えいのリスクから企業を守る。 テレワーク、モバイルワークの安全・快適な環境を手軽に実現する高セキュリティのリモートデスクトップサービス。 世界累計1400万ダウンロードを記録している大人気の画面転送アプリ「Splashtop」のビジネス版。自席PCの画面をiPadなどへ高速転送。外出先からでも会社のPCを操作できる。 スマートフォンやタブレット(Android OS/iOS)、モバイルPCなどで、外出先からいつでも会社や自宅のPCを安全かつスピーディーに遠隔操作できるリモートアクセスサービス。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026906


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > リモートアクセス > リモートアクセスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ