ドリーム・アーツ、Web DBの新版で文書管理機能を拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ドリーム・アーツ、Web DBの新版で文書管理機能を拡充


掲載日:2009/09/07


News

 株式会社ドリーム・アーツは、Web DBの新版で、文書管理機能を拡充したことで一般文書から公式文書まで用途に応じた柔軟な文書管理を行なえる「ひびきSm@rt DB ver.2.1」を、発売した。ライセンス価格は、1000ユーザの場合、1ユーザあたり9000円となっている。

 「ひびきSm@rtDB」では、文書の登録フォームや閲覧画面の作成などがGUI化され容易に作成できるため、様々な業務で現場に即した文書管理システムを作成できる。更に、承認プロセスやアクセス制御などを設定することで、文書の公開から改廃までのライフサイクル管理が必要な“社内規程”や“ISO文書”などの公式文書も、統制された環境下で管理できる。また、各文書管理システムに、必要な情報項目や承認フロー、閲覧や編集の権限など、ルールをあらかじめ自動化しておくことで、利用者がルールを意識せずに、利便性に優れながら統制のとれた運用を行なえる。これらにより、文書を安全に管理しながら、柔軟で効率的な情報共有/活用を支援する。

 今回の新版では、アクセス制御機能が強化され、文書単位で閲覧・編集の権限を更に細かく設定でき、厳格な管理が求められる機密文書や、誰でも自由に閲覧できる文書が混在した環境下でも、安全に管理できる。

 複数文書の情報を一括で編集/承認する機能も追加された。例えば、公開期間の変更などを行なう場合も、複数の文書をまとめて編集できるため、文書のメンテナンスにかかる時間を短縮できる。また、複数人からの申請を上長がまとめて承認するなど、日常的な事務処理の効率化を図ることもできる。


出荷日・発売日 2009年9月3日 発売
価格 1000ユーザの場合:1ユーザあたり9000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026896


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ